倉刀 作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

倉刀 作 (くらとう さく)

ハルトシュラーの下で棲みこみで修行しているハルトシュラーの一番弟子。
外国人からはクラトゥとして親しまれている。
塑像、彫刻などの立体芸術が得意だが、料理は苦手。絵画は一応こなせる。
よく「創刀」「石刀」などと名前を間違われる。

一説によると、「倉刀作」なる者は慶長八年(西暦1603年)に、とある旗本の家系に生まれたとされる。
しかしその家系は同時代に(恐らく御家取り潰しのため)断絶しており、詳細は分かっていない。
また慶応2年(西暦1867年)には同名の人物が贋作容疑で逮捕された記録が残っているという。


性格は作者によりヘタレだったりもののふだったりと様々だが、基本的に師匠に憧れる努力家。
ハルトシュラーの元でかなり長い年月棲みこみ修行しているらしいが、詳細不明。
女性と接する機会が少なかった為かハルトシュラーを異性として意識する事も。そのせいでたまにロリコン扱いされる。
美作とは喧嘩もするが何だかんだで仲が良い。柏木とは普通に接していたり険悪だったりと作品ごとに違いが見られる。

師匠の気まぐれか、何故か女体化される事も。美少女で巨乳だったりと無駄にスペックが高い。
さらに変身して魔法少女にもなったりする。

ハルトシュラーからは格闘技や剣術も学んでおり、戦闘力は高い。
が、未熟さからか負ける事が多く勝率は高くない。

容姿は十代後半ごろの青年で、帽子を被り、チェックのズボンを履いている
ハルトシュラーほどではないが彼を描いたイラストも数多い。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。