マーラズラース

第一話「ただの地獄だ」

波旬は殺されたはずだった。
しかし気づくと、そこは茫漠とした空間。
どこまでも続く高い塔があるだけだった。
天眼は光を失い、ここが何処かはわからない。

そこに現れた金色の蜘蛛が語りかける。
今はこの塔を登れと。
その言葉を無視して、波旬は寝ることにした。
夢に見る謎の光景。

耳に焼き付いて離れない声は一体誰のものか――

そして、目覚めた波旬が見たものは荒廃した大地の姿だった。

第二話「何をしたか言ってみろ」

第七天に八百万存在する死後概念の内の一つ
"神国トラストリム"と呼ばれる唯一の巨大国家が文明の中心となり支配する世界――

工業的な近代科学文明と、精神的な宗教文明が融合した様式を持つ神国トラストリムは、
人間を"神人類"と呼ばれる上位階級が支配し、
厳格でありながらも文明的な階級社会を形成していた。

だが、この世界には神人類も手を焼く程の問題が存在していた・・・

大地の穢れから発生するとされ、
神々や人間、文明を本能的に襲う魔物"ゴーマ"。

現世では神に祈るだけで何の努力もしなかったとして、この世界に送られた人間たちは、
日々ゴーマの襲撃に脅かされながら、神にすがって辛うじて生き残っている有様だったのだ。

曙光の剣による傷と畸形を失った事で、
大きく弱体化しながらも甦った波旬が目覚めたのは、
人類たちが細々と暮らす小さな村だった。

その村にほどなくゴーマが出現。
村人の喧騒とゴーマの臭いにイラついた波旬だったが、そこに神国軍が現れる。

村人もろともゴーマを蹴散らす神国軍。
それに巻き込まれた波旬は猛り、神国軍に襲いかかる。

雑兵を打倒した波旬の前に、
七星天を名乗るワイゼンが飛来した。
波旬を愚弄するワイゼン。

ワイゼンの手が波旬に触れた時、
波旬の理性は振り切れた!

第三話「奴は我ら七星天の中でも最弱」

人類の感情と魂を源とする”マントラ”それは宇宙にまで到達する高度な文明を築き上げた神国トラストリムの基盤となるエネルギー。
エイヴィヒカイトとは似て非なる技術。

波旬の予想外の反撃にあい、
ワイゼンは超高濃度のマントラを使用、惑星に匹敵するほどの肉体へと巨大化する。

巨大隕石の如き驚異の指落としが波旬に迫る。

その凄まじいまでの圧力に、波旬は潰されたかに見えた。
しかし、波旬を苦しめるのはその力の源であるマントラの方であった。

なんだこれは、臭いんだよ。俺はこんなものを許した覚えはない。
酷い悪臭のするそれに波旬の唯我の渇望が爆発、マントラを消し去られたワイゼンの断末魔が木霊する。

力を使い果たし倒れる波旬の前に、
次なる七星天ヤシャが姿を現す。

第四話「神様だ」

ゴーマ・ヴリトラとはゴーマを束ねる存在であり、全てのゴーマの根源。
神国トラストリムでは星の意志であると言われている。

現れるごとに強くなっているゴーマ・ヴリトラを、文明の力が追い付かれる前に完全に倒す。
それが七星天の掲げる大義である。
そこに正義は無くとも、全ての神民と人類の平和な未来を勝ち取るために。

何億もの魂を消費して巨大化したワイゼンを打ち破った波旬。
その前に現れたのは、七星天の一人ヤシャ。

ヤシャは波旬に何者だ何故戦うと問いかるが、波旬は聞く耳を持たない。
ただヤシャが持つマントラの臭いに不快感を爆発させ襲いかかる。

世界を救うという大義を背負うヤシャは、
あくまで冷酷に圧倒的な力で波旬をあしらう。

ワイゼン以上の強さを持つヤシャに、既に大きく消耗していた波旬は勝ち目が無く、
曙光の剣による傷を両断された波旬は、その身を溶岩へと沈めて行った。

―――再び波旬は金色の蜘蛛に出会う。

+ ...


  • 誰に復讐するんだよwww -- 愛の伝道師? (2012-08-21 19:26:57)
  • ↑覇吐じゃない? -- 名無しさん (2012-08-21 19:32:36)
  • 元ネタがわからない -- 名無しさん (2012-08-21 19:36:15)
  • アスラズラースっていうゲームだと思う。簡単に言うと怒れば怒るほど強くなる力を持った神様が主人公で、主人公が自分を裏切って世界を手にした元仲間の7柱の神様に復讐する物語。 -- 名無しさん (2012-08-21 19:38:19)
  • ↑有難うございます -- 名無しさん (2012-08-21 20:19:51)
  • まさかの七星天…あれ、曙光の面子誰もいない? -- 愛の伝道師? (2012-08-22 12:29:55)
  • 曙光の面子が来るのは、例えるなら穢土に波旬自身が攻めて来るようなもので、話終わっちゃう。弱体化させる為の理由も無いし -- 名無しさん (2012-08-22 13:15:49)
  • じゃ、せめて七星天のボスだけは六条さんでwww -- 愛の伝道師? (2012-08-22 14:25:22)
  • 確かに見た目がアスラとなんとなく似てると思ってけどw -- 名無しさん (2012-08-23 07:37:15)
  • …で、どこの二次小説サイトいけばみられるんです?この小説。


    冗談はさておき、声的にはマキナズラースだよね。 -- 名無しさん (2012-10-07 17:39:18)
  • ↑3六条さんは脱出艇で潰された爺さんか、速攻でやられたナルシスト役だろう -- 名無しさん (2012-10-11 04:22:14)
  • (∴)「すべてがハッキリした。俺の中の自己愛の正体が。気に食わなかった、他人を導いた気になっている塵屑が。助けを求めるだけで自分の足で歩もうとしない滓が。だから、俺は誰にも祈らない、神になるつもりもない。だが、それももういい。よくも、俺の体に、触れてくれたな!!」 -- 名無しさん (2012-10-11 15:53:24)
  • (♂)「兄貴が真人間になった。これでようやく心置きなく…貫抜奔ーーーーーー!!!」 -- 愛の伝道師? (2012-10-11 18:15:28)
  • (≖‿ゝ○)「女神が世界を包めば、もはや誰も犠牲になることなどない。そう、世界は喰らい合う脅威より解放され永遠の楽土を」(∴)「世界の話は聞き飽きたぁ!!」 -- 名無しさん (2012-10-13 07:19:25)
  • これの元ネタじゃ、最後主人公は怒り尽きて消えるんだけど波旬はどうなるんだろ? -- 名無しさん (2013-11-13 23:05:08)
  • 転生して「生きてるだけで最高さ!!」になるんじゃね? -- 名無しさん (2014-01-08 16:24:34)
  • 元ネタの女幹部がエレ姉に似てる。 -- 名無しさん (2015-08-06 23:10:04)
  • 夜叉の中の人、獣殿じゃねえかw -- 名無しさん (2015-10-06 19:19:18)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。