ウォーキング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ウォーキング】
次はウォーキングについて記載します。
運動は「自律神経のバランスを整える効果」があります。
また、運動には「交感神経」を緊張させ、運動後は「副交感神経」を緊張させ、心と体を鎮静モードへ移行させてくれます。
人間の体はこの2つの自律神経と言われる物が交互に切り替わることによって「バランス」を保っています。
引きこもりなどで寝れないと言う方は、この緊張から弛緩への変化がなく生活リズムの維持が出来なくなっています。

そこで、ウォーキングをお勧めします。
歩くと言う動作は全身運動です。下腹を引き締め背筋を伸ばすと姿勢も良くなります。
歩幅はいつもより大きくとり、親指の付け根辺りから踏み込み、次の一歩を踏み出すように心がけましょう。
いつもの散歩よりも足、腰、背筋、腹筋を使う全身運動になります。

ただ歩くだけは医学的にも効果がないと言われています。
脳で意識しながら運動をすると体全体に効果が出てきます。
周りを観察したり、普段行かない場所を歩いてみては如何でしょうか?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。