※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~ボーイ・ミーツ・ガール~

ドッカーン!!

爆発だけが響き渡る…

「ゼロのルイズ!また失敗かよ!」
「全く、本当に『ゼロ』だな!」

『ゼロ』と呼ばれた少女―ルイズ―は、泣きそうになっていた

(なんで…やっぱり私は何もできない『ゼロ』なの)
ルイズがそう考えてながら爆発の中心をみていた

(ん!?なにか…いる?)

「おい!何かいるぞ!」
「本当だ!」
「何がいるんだ」

確かに、何やら生物らしきものがそこにはいた!しかし…

「ぷっあははははは」
「おい!見てみろよ」
「に、人間だ!人間がいるぞ」
「『ゼロ』のルイズが人間を召喚したぞ」

「う、うるさいわね!ちょっと失敗しただけよ!」

ルイズは顔を真っ赤にして叫んだ
(ん…ここは…)

エドは立ち上がり、辺りを見渡した。そこはエドが見たこともない景色だった

(生きてる?…なんでだ?)
エドが一人考えていると、声が聞こえてきた

「あんた誰?」

声がしたほうを見ると、桃色の髪をした少女がこっちを見ている

「……お前はいったい?」「お前ですって!てゆーか質問に質問で答えないで」
エドは混乱していた

(なんだコイツ?変につっかかってくるし…)

エドが考えていると、いきなりキスをされた

「な、なにしやがる!……って熱っ!つーか痛ッ!いてててて!!!」
「じっとしてなさいよ。ルーンが刻まれてるだけよ」
痛みがおさまり、エドはルイズを見た

「なんなんだよ!ここはいった「さぁ、皆さん!帰りますよ」

ハゲがそう言って他の生徒を帰るようにうながした

「おいっ!」
「ふむ、珍しいルーンですね」

そう言うとハゲも帰っていった…飛んで

「な、なんなんだぁ~」

エドの叫び声が虚しく響いた―