※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話


エドがデザートを運んでいると一人のメイジから小さな瓶がポケットから落ちた。エドはその小瓶を拾いそのメイジに声をかけた

「おい!ポケットから小瓶が落ちたぞ」

「それは僕のじゃない。何を言っているんだ君は?」
「お前のポケットから落ちたからそう言っただけだ」
「おいギーシュ!それはモンモランシーの香水じゃないのか?」

ギーシュと呼ばれたメイジの周りの友人達が騒いでいる

ガタッ

「ギーシュさま…」

「違うんだ、ケティ!」

「その香水が何よりの証拠ですわ!さようなら!」

そう言うとケティと呼ばれた少女はギーシュの頬をひっぱたいた。
すると遠くで見ていた一人の見事な巻き髪の少女がギーシュに近づいて来た

「やっぱり、あの一年生に、手をだしていたのね?」
「違うんだ!モンモランシー…」

「うそつき!!」

そう言って香水をギーシュの頭にかけてモンモランシーは怒鳴って去っていった
エドがその場を離れようとするとギーシュに呼び止められた

「君が余計な事をしたせいで、二人のレディの名誉が傷ついた。どうしてくれるんだね?」

「知るか!全部お前のせいだろ!!」

「どうやら君は貴族に対する礼を知らないようだな。…よかろう。ヴェストリの広場で待っている。君に礼儀を教えてやろう!」

そう言うとギーシュは体をくるりと翻した

「なんだあいつは??」

シエスタの方を向くとシエスタは顔を真っ青にしてどこかへ走り去っていった。すると遠くで見ていたルイズが駆け寄って来た

「あんた、なにしてんのよ?いいからギーシュに謝りなさいよ!!」

いかにも怒った口調で言っている
「俺の勝手だろ!」

「よくないわよ!」

「?なんだ…心配してるのか?」

「心配とがじゃなくてね…聞いて?平民はメイドに絶対に勝てないの!だからやめなさい」

「ヴェストリの広場はどこだ?」

「こっちだ、平民!」

エドはギーシュの友人と一緒に歩きだした

「あぁもう!!」

ルイズはエドの後を追った
―ヴェストリの広場―

「逃げずにきたようだね。」

「うっさい!早く始めやがれ!」

「ふっ…短気だね、君は。そんなんだから背が伸びないのだよ」
「なっ!!!!」

ギーシュはエドが一番気にしていることを言ってしまった。エドの中で何が音を立ててキレた

「僕の名はギーシュ。二つ名は『青銅』。この青銅のギーシュがお相手いたそう」

ギーシュは薔薇の花を振った。するとそこに甲冑を着た女戦士の形をした、一体の人形が出てきた。
ギーシュの操る青銅のゴーレム『ワルキューレ』である

「さぁ!いくよ、ワルキューレ!」

ゴーレムがエドに向かって一直線に突っ込んで来た