※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロウハ「はぁ…やったか?」
ブラスト「少なくともかなりのダメージを与えたはずだ!」
カオス「まず…一人」
ブラスト「あ、あぁ…ウワアアアアアアアアアアアアアッ!」

第77話 恐怖

前回のあらすじ
ブラストモンとロウハモン、2人の戦士と混沌の魔人との戦いが始まった。
2人の攻撃はカオスモンには全く通用せず、苦戦していた。
そして、カオスモンはロウハモンの体を貫いた。

カオスモンの側には倒れた友の姿。
彼は感じ取ってしまった。身近に忍び寄る『死』の存在を。
ブラスト「アアアアアアアアアアアアアッ!」
ブラストモンはあたり一面に撃ち続ける。
当然カオスモンには当たらない。
それはただ部屋をどんどん破壊していくだけだった。
カオス「ふん…感情的な攻撃では意味が無いのだがな…」
カオスモンは瞬時にブラストモンの後ろに回る。
そしてロウハモンを貫いた腕で突いてきた。
ブラストモンは瞬時に腕の銃を盾にしてそれを防ごうとした。
しかし、それは意味を成さない。
銃は粉々に砕けブラストモンは壁へと突き飛ばされてしまった。
ブラスト「ガハッ…」
ブラストモンはゆっくりと砕けた銃を構える。
しかしそれは震えており狙いが定まらない。
ブラスト「動け…動け…動かないと…嫌だ…死ぬ…」
そう、彼は恐怖していた。
思えば『浅野龍』がこの世界に来てから、彼は死を身近に感じたことは無かった。
過去に4回、目の前で死を見たがそれが自分に来るとは思っていなかった。
それゆえに今恐怖する。自らの死を恐れて。
カオス「抵抗しなければ楽に死なせてやったものを…」
カオスモンは腕を構える。
その腕に水と風が纏われていく。
カオス「ならば徹底的に潰してやろう…消滅せし混沌<カオスブレイク>!」

その一瞬、その一瞬で彼の心は粉砕された。

辺りに音が無くなる。
辺りに色が消えていく。
その場に立っているのはただ一人、この部屋の主のみ。
銃士は動かず、剣士はその場に倒れたまま。
結果はすでに出ている。
勝負は混沌の魔人の圧勝に終わった。
そう、終わってしまった。
カオス「…終わりか、あっけないものだ」
魔人は悲しげに呟く。
彼が待ち望んでいたもの、それを今簡単に壊してしまった。
あまりにも簡単すぎた。だがそれゆえに彼の心は晴れない。
彼はその場を後にしようとした。

『死にたくない…』

それは、彼に残された想いの強さだったのか。
それとも彼に残った執念の強さか。
その時、銃士はまだ生きていた。
いや、生きていたというべきかどうかはわからない。
唯一つ言えるのは彼の『心』はすでに死んだということだけ。
彼にはもはや考えるだけの理性がない。
彼に残されたもの、それは死への恐怖と生への執着。
生きることにしがみつく生物が持つ本能のみだった。

『しにたくない…』

故に彼は力を求める。
死を恐れ、恐怖に押しつぶされ心が死んだその銃士は力を求める。
敵を倒す力、死を逃れる為の力。
自身の命のみを生き残らせる力。
それは、初めて自分自身の為に望んだ力だった。

『シニタクナイ…』

近くには先に倒れた剣士の姿がある。
それは重症であったがまだ助かる見込みがある。
だが彼はもう駄目だ。彼の心はすでに壊れてしまった。
彼はすでに倒れた友のことなど考えることが出来ない。
だから彼は求める。『自己』を代償とした力を。
だから彼は求める。『自己』を変化させた力を。
自らを変えてでも生き残る力を。

そうして、『浅野龍』はこの世界から消え去った。

セイレー「…これって…」
城の内部で戦っていたセイレーモンたち。
彼等もその『異常』を感じ取っていた。
オピュクス「剛輔、これは…」
ヴァング「あぁ…さっきから感じてた大きな気が二倍になった…」
ハイドロ「一体どうなってるの?」
ヴァング「唯一つわかることは…奥で何かがおきたということか…」
セイレー「…龍君、大丈夫だよね…」

そして、『ソレ』は現れた。

混沌の魔人がその『異常』を感じ取ったのは何時だったか。
気が付くとその部屋には見慣れない存在があった。
黒い鎧を纏い、大きな剣を持つその姿。
カオス「…なるほど、お前もその道を選んだか」
そう呟くカオスモンの顔から笑みがこぼれていた。
カオス「お前…名は?」
カオスモンはその漆黒の存在に問いかける。まるで答えを知っているかのように。
カイザー「…我はカイザーモン、闇を滅し光を征すモノ」

第77話 完
次回 帝王