※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シレイ「まだ終われない!我輩は生き残る!さらばだ!」
ロウハ「…行こう」
セイレー「…ドーケモン、あなたとは会いたくなかった」
ドーケ「ふ…縁とはそう簡単には切れないものだな」

第69話 総力

前回のあらすじ
お互いを守るために、誡とソードモンは一つになりロウハモンとなった。
そしてシレイモンを倒すもシレイモンは逃げ出していった。
一方、地下を進んでいた春名とハイドロモンはドーケモンと対峙した。

ハイドロ「運び出したって…どういうことよ!」
ドーケ「そのままの意味だが?」
ハイドロ「なっ…あんたねぇ!」
セイレー「ドーケモン…ここには何があったの?」
ドーケ「私が独自に研究していた資料があった。戦いで失われても困るのでな」
セイレー「研究…」
ドーケ「そう…私は『心』の研究をしていたのだ」
セイレー「心?」
ドーケ「…心を持つものは誰しもその弱み…弱点となる傷が存在する。私はそれを調べていた」
セイレー「心の…傷…」
ドーケ「それは他人に対する『劣等感』であったり孤立してしまったことによる『孤独感』であったり…そして、他人を裏切ってしまったことによる『罪悪感』でもある」
セイレー「罪悪感…」
セイレーモンの目が段々生気を失っていき虚ろになっていく。
ハイドロ「春名?ねぇ春名!」
ドーケ「そしてその先に生まれる感情、それが『怒り』であり『恐怖』であり…『不安』である」
セイレー「いや…」
セイレーモンは頭を抱え座り込んでしまった。
ハイドロ「春名?!どうしたの、春名!」
セイレー「いや…私は…ごめんなさい…」
ドーケ「裏切りによる『罪悪感』は自分自身の仲間に対し自分も裏切られないかと『不安』になる…そしてその『不安』を消すために他人に尽くす」
セイレー「あぁ…」
ハイドロ「ちょっとドーケモン!あんた春名に何したの!」
ドーケ「さぁ…奇術幻乱妖サーカス始まり始まり…」
セイレーモンがゆっくりと立ち上がる。だがその瞳には意思がない。
ドーケ「さぁ…やれ」
セイレーモンは無言で腕をハイドロモンへと向ける。
そしてハイドロモンに音波を浴びせた。
ハイドロ「あぅ…春名!目を覚まして、春名!」
ドーケ「私の奇術にかかれば心を閉ざし私の忠実なる僕となる、これは私が研究した末に編み出した『失心術』…心を失ったものに声など届かんよ!」
ハイドロ「そんなことない!春名はあんたの思い通りになるほど弱くない!」

もういや…裏切るのはいや…裏切られるのもいや…
私は今まで、沢山の人を裏切ってきた。
皆の心を傷つけた。
だから私は戦わなければいけない。償いをするために。
そうしないと、皆私から離れてしまう。
私には仲間なんて…

『仲間だからな』

…龍君。
彼はこんな私を仲間と言ってくれた。
彼はこんな私を信じてくれた。
でも…仲間って何?
…『そんなの決まってる』
仲間は信じられる存在。
仲間は信頼できる存在。
彼に償いなんて必要なかった。
彼は最初から、私を信じてたから。
なら…私は戦う。
償いなんかじゃない…自分の意思で。
彼の信頼に答えるためにも、私は戦う。

ハイドロ「うぅ…目を、目を覚まして…」
ドーケ「無駄だ、心を閉ざしたものに声など…」
セイレー「ちょっと…黙って…」
先ほどまでハイドロモンに向けられていた音波がドーケモンに向けられる。
ドーケ「どういうことだ…閉じた心が…再び開かれるだと…」
セイレー「貴方なんかに…私の心は…負けない!」

第69話 完
次回 心撃