※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セイレー「う、うん…なんとか…」
ハイドロ「じゃ、行こう!」
カプリコ「よう…また、会えたな」
ソード「師匠…」

第65話 剣豪

前回のあらすじ
スコールモンと対峙した春名とシーフェアモンだったが、春名が閉じ込められ進化できない状況となってしまった。
進化できない中、苦戦していたシーフェアモンだが、春名が脱出に成功したことにより進化し、スコールモンを倒した。
一方、先へと進んでいた誡とソードモンだったが、誡は突如現れたチューブに吸い込まれてしまった。
そして残されたソードモンは剣の師、カプリコモンと再び再会した。

カプリコ「どうだ…前より強くなれたか?」
ソード「…師匠が何故そちら側についているのかはわからない…だが」
ソードモンはゆっくりと剣を構える。
覚悟はすでに出来ていた。
ソード「私は師匠を…あなたを斬る!」
カプリコ「やっと吹っ切れたか…ならば手加減はしない、かかってくるがいい!」
カプリコモンは剣を抜く。
それを合図にソードモンはカプリコモンに飛び掛った。
ソード「メン、メン、メーン!」
ソードモンが振り下ろした剣をカプリコモンは焦らずに受け流す。
カプリコ「速く、そして強力な攻撃だ…だが、まだ甘い!」
カプリコモンは一瞬の隙を突き振り回す。
ソードモンはとっさに後ろへ退いてかわした。
そして再び前に飛び込み突く。
ソード「テイ、テイ、テイ!」
カプリコ「隙だらけだ!」
かわしながらカプリコモンはソードモンの脇へと回り込む。
そして剣を腹目掛けて振った。
ソードモンは剣で受けようとするも間に合わず斬られた。
ソード「グゥ…」
カプリコ「どうやらその隙の多い攻撃…まだ直してないようだな」
ソード「…チッ!」
剣と剣がぶつかり合い、そして金属音が響く。
カプリコ「お前は攻撃と攻撃の間にほんの一瞬だけ動きが止まる。それがお前の隙だ!」
一瞬の間にカプリコモンはソードモンの後ろに付く。
ソードモンはその体を切り刻まれていた。
ソード「グッ…」
カプリコ「どうした、お前の力はその程度か!その程度で私を倒そうとしたのか!」
ソード「はぁ…はぁ…」
カプリコ「来るなら全身全霊の力を込めてかかれ!相手に情けを掛けるな!己の魂を剣に注げ!」
ソード「己の…魂…」

それは、誡と出会う少し前。まだカプリコモンの弟子で会った時。
カプリコ『ナイフモン、戦いとは魂と魂のぶつかり合いだ』
ナイフ『はい!』
カプリコ『だからこそ、決して戦いの最中に気を抜いてはいけない…それは自分自身の死を意味する』
ナイフ『死…ですか』
カプリコ『そうだ、そして勝利するのは己の信念が強いほうだ。信念を強く持て!さすれば勝利はおのずと見えてくる』

ソード「己の魂…己の信念…」
カプリコ「…いい眼をしている…行くぞ!」
両者は飛び掛る。己の信念を貫くために。
カプリコ「奥義、『風刃切り』!」
ソード「雷の刃、『雷刃切り』!」
二つの剣が交差する。
その勝負は一瞬で終わった。
カプリコ「この状況で新たな奥義を生み出すとは…成長したな」
カプリコモンは膝をつく。
ソード「あなたの…おかげです」
カプリコ「そうか…?!」
ソード「え…」

何かを貫く音がした。

ソードモンが振り返るとそこには身を盾にしてソードモンを庇ったカプリコモンの姿があった。
メガドラ「グググ…」
メガドラモン。両手にどんな物質でも切り裂く鋭いつめをサイボーグ型デジモン。必殺技はジェノサイドアタック。
その爪はカプリコモンの体を貫いていた。
カプリコ「フ…俺としたことが…まだまだ未熟だということか…」
ソード「な、何で…」
カプリコ「さて…そこの階段から下へいける、お前は早く行け」
ソード「で、ですが…」
カプリコ「守りたいものが出来たのだろう?だったら早く行け!そしてそれを守り通せ!」
ソード「…はい!」
ソードモンは階段の前まで近づき、そして振り向く。
ソード「師匠…ありがとうございました!」
ソードモンは一礼をすると階段を駆け下りた。
カプリコ「バカが、黙って行けば…」
体を貫いていたメガドラモンの体を切り裂く。
メガドラモンは一瞬で消滅した。
カプリコ「別れも辛くならんだろうに…」
壁に穴が開き、そこから多数のメガドラモンが飛び出てくる。
カプリコモンはメガドラモンの群れに囲まれた。
カプリコ「事前に見張られていたか…ま、ここまでの戦力を呼び寄せたのだ…こちらについた意味があったというもの」
メガドラ「グルル…」
カプリコ「さて、貴様等…俺の命を奪うのだ、相当の覚悟は出来ているんだろうな!」

それからしばらくして
その部屋には一振りの剣だけが残された。

ヤイバ「ここは…研究室、か」
一方、チューブに吸い込まれた誡は研究室のような場所についていた。
ヤイバ「扉はひとつ…か」
その扉を開ける。
その先には広い部屋が広がっていた。
ヤイバ「ここは…」
『闘技場だ。実験体のテストをするためのな』
部屋に声が響く。だが声の主はそこにはいない。
ヤイバ「…シレイモン」
『ほう、どうやら我輩のことを覚えているようだな。帰ってこなかったときは流石に心配したぞ』
ヤイバ「僕はお前なんてどうでもいい…ここから出させてもらうよ」
『可愛げのない奴だ…それでは早速始めよう』
壁が開き、そこから『何か』が出てくる。
『お前には我輩の最高傑作…スターキメラモンの相手をしてもらう』

第65話 完
次回 実験体