※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァング「ふん、遅いぞ」
ショット「檻に閉じ込められてる奴に言われたかないね…さて、さっさと終わらせるぞ!」
キッド「おう!」
ロンド「ショーの邪魔はさせないよ…」

第62話 喜劇

前回のあらすじ
カオスモンの城へと乗り込んだ龍たちだが、ロンドモンによって分断させられてしまう。
ロンドモンとレオモンに追い詰められていた剛輔たちだがそこへ龍たちが戻ってきた。

ロンド「ねぇ…こんなこと止めてショーの鑑賞しない?」
ショット「ふざけるな!とっとと行くぞ!キッドモン!」
キッド「おう!」
ハイパーエヴォリューション!
キッド「キッドモン激進化!」
ガト「無限の弾丸!ガトモン!」
ロンド「すんごい気になるんだけどさ…そんなに真面目で疲れない?」
ガト「やる気が無いんだったらどっかいっちまえよ!」
ロンド「いやぁ…これでも一応ここを守らなきゃいけないみたいだし?どっか行ったらショーが見れなくなるし?」
ショット「なら早く終わらせる!」
ショットモンは撃ち続けるもロンドモンは軽快にかわしていく。
ロンド「よっ、はっ、とっ」
ショット「チッ!」
ガト「それならこれでどうだ!」
ガトモンは体中の銃でロンドモン目掛けて撃つ。
ロンド「わ、ワワワッ!すごいね…でも、まだまだだよ!」
ロンドモンが手をかざすと辺りが爆風に包まれる。
爆風によってふたりは視界を封じられてしまった。
ガト「な、何だよこれ!」
ショット「まずい、このままじゃ…」
ロンド「このままじゃ、大変だよねぇ?でも…僕には関係ないんだ」
ショット「しま…」
気づいたときには遅く、ショットモンの周りが爆発する。
ガト「龍!てめぇ!」
ショット「まだ撃つな!」
慌てて砲撃しようとしたガトモンを静止する。
ガト「だ、だが…」
ショット「俺は大丈夫だ!それより落ち着け!この視界の悪さで撃ったら当たらないどころかお互いを当てることになる!」
ガト「ならどうする!このままじゃあいつに一方的にやられるだけだぞ!」
そう、その通りだった。
このままではロンドモンによって一方的にやられかねない。それは龍もわかっていた。
ただ、幸いなのはその爆発が微妙にずれいていることだった。
ショット「…あいつは、どうやって俺達の場所を察知している…いや、そもそもこの爆発の力は…」
龍が悩んでいる間にも爆発音は続く。
ガト「グアッ!」
ロンド「まったく…こうも一方的だとつまらないな…もっと逃げ回ってさ、僕を楽しませてよ」
ショット「…そうか、あいつの攻撃の特性は…ガトモン!」
ガト「なんかわかったのか?!」
ショット「構わないから周りに撃ちまくれ!」
ガト「な、撃つなって言ったのはお前だろが!」
ショット「いいから!地面を重点的に撃て!」
ガト「ったくどうなっても知らねぇぞ!」
ガトモンは言われたとおりに撃ちまくる。
辺りは爆風と砂煙に覆われた。

ロンド「追い詰められて気が狂ったかな?だとしたらもう終わりか…」
爆風と砂煙のなかロンドモンは一人佇んでいた。
ロンド「どうしよっかなぁ…さっさと向こうに戻ってショーの続きでも見ようかな…」
『いや、もうちょっとつきあってもらう!』
ロンド「え…」
ロンドモンは背中から吹っ飛んだ。
その後ろには…ショットモンの姿があった。
ロンド「へぇ…まさかあの爆風の中で移動してたとはね…」
ショット「お前の攻撃はその場所を座標として計測してその範囲を爆発させる。あの爆風の中で攻撃が出来たのは俺達の場所がある程度予測できたから。攻撃が微妙にずれていたのは『ある程度』しか場所がわからなかったから」
ロンド「だから爆風の中を移動したと…僕にばれるとは思わなかったの?」
ショット「お前は基本的にやる気が無い…それに動けと言ったのはお前だろ」
ロンド「確かに…ね」
ロンドモンはゆっくりと起き上がる。
ガト「な、まだやるのか?!」
ロンド「いやいや、僕はもういいよ…もう飽きたし」
ガト「あ、飽きた?!」
ロンド「もともとカオスモンなんてどうでもいいし、『キャラ作り』にも疲れたし…それに目的も果たしたからね」
ショット「その目的って?」
ロンド「…この物語の『主人公』を見てみたかったんだ。ま、僕が出るには結構遅すぎたみたいだけど…」
ロンドモンはふわりと浮かび上がる。
その姿は…奇術師そのものだった。
ロンド「じゃあさよならだ、もう会うことも無いだろう…会うとすれば君が他の誰かの物語の『登場人物』の一人になったときぐらいだろうね」
ガト「な、何言ってんだこいつ…」
ロンド「あ、最後にひとつだけ。僕がいなくなったらあの猛獣暴走するから」
ショット「な、おい待て!」
ロンドモンはその姿を消した。
ガト「何だったんだあいつ…」
ショット「のんびりしている暇はない…行くぞガトモン!」
ガト「お、おう!」

ショット「剛輔!」
ショットモンたちがついたときには檻は破壊されており、ヴァングモンはレオモンと組み合っていた。
ガト「遅かったか!」
ショット「剛輔、今…」
ヴァング「来るな!」
駆け寄ろうとしたショットモンを止めた。
ショット「な、何でだよ!」
ヴァング「忘れたか!この戦いの目的はカオスモンを倒すことだ!お前は先へ行け!」
ショット「だけど…」
ハブ「我々なら大丈夫だ…だから早く!」
ショット「…わかった、やられるんじゃないぞ!ガトモン!」
ガト「おう!」
ショットモンとガトモンは奥へと走っていった。
ヴァング「さて…こっちも時間が無いんだ、早めに終わらせるぞ!」
レオ「ググ…」

第62話 完
次回 猛獣