※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ぶっ潰す!』
グラーグ「な、まさかまた進化か?!」
スコール「それにしてはこの光…なんて強さだ…」
ブラスト「勇ましき鋼の銃士、ブラストモン!」

第52話 究極

前回のあらすじ
春名たちと合流することに成功した龍はスコールモンとグラーグモンの相手を引き受け、春名を奥へと向かわせる。
戦いの中、春名の裏切りの理由を知った龍とガトモンは一つになり、鋼の銃士が誕生した。

ブラストモン。右腕に巨大な粒子砲を持ち、体中に銃火器を備えたサイボーグ型デジモン。必殺技はメテオブラスト。
グラーグ「な、何だよこいつ…こんなの聞いてねぇぞ!」
スコール「まさか融合とは…グラーグモン、責任を取ってもらいますよ!」
グラーグ「う、うるせぇ!こんな奴に…こんな奴に負けられるかよ!」
グラーグモンは水流をブラストモンにぶつける。だが効いているようには見えない。
ブラスト「この程度で…『俺達』に勝てると思うな!」
水流を弾き飛ばし、後ろに回りこむ。
そして左腕の銃でグラーグモンの頭を狙い撃つ。
グラーグ「グガガガガッ!」
スコール「クッ…行きなさい、アクアソルジャー!」
大勢の『水の兵士』がブラストモンに襲い掛かるも、腕の銃で破壊される。
その強さはまさに『究極』だった。
スコール「まさかこれは…グラーグモン」
グラーグ「あぁ?!何だよ!」
スコール「後は任せました。お先に失礼させていただきます」
グラーグ「て、てめぇ逃げる気か!」
スコールモンは水溜りとなり、その場から姿を消した。
グラーグ「チッ…こうなったら意地でもてめぇを潰す!」
ブラスト「やれるもんならやってみろよ…その前にお前を潰すけどな!」
グラーグ「ヘッ…言ってろ!ダイダルブレイカー!」
全身から放出される強力な水流。
それはブラストモンにはもはや無意味であった。
ブラスト「エネルギーチャージ…」
ブラストモンは水流に…いや、その先のグラーグモンへ右腕の粒子砲を構える。
ブラスト「バレル解放…エネルギー100%…目標固定!」
粒子砲に光が収束される。
ブラスト「受けてみろよ…あいつらの苦しみを!メテオブラスト!」
粒子砲から放たれた光は水流を蒸発させ…グラーグモンを包み込んだ。
グラーグ「ガアアアアアアアッ!」

誡「…龍は強いですよね…」
Cタイガ「あぁ、奴は強い…私よりも」
誡「あなたよりも?」
Cタイガ「私には無かった強さがある…心の強さがな」
誡「心の強さ…確かに、そうですね…」

ブラスト「ふぅ…終わったか」
天井の崩れた廊下。そこには戦い終わった銃士と、ボロボロになったグラーグモンの姿があった。
そう、ブラストモンはあの攻撃でグラーグモンの命を奪ってはいなかった。
ブラストモンが光るとそれは二つに分かれ、龍とガンムモンとなった。
ガンム「で、こいつどうする?」
龍「うーん…このままにしとくわけにもいかねぇだろうしな…」
だがしかし、このままでは終わらなかった。
グラーグモンが突如立ち上がる。だが、その目に生気はない。
ガンム「な、何だ?!」
龍「まさかまだ…」
グラーグ「ガアアアアアアアアアッ!」
グラーグモンは龍に飛び掛る。
だが…突如グラーグモンは上下に切り裂かれ、消滅した。
ガンム「た、助かった…」
龍「な、何だったんだ…」
そこに立っていたのは風を纏いし獣人であった。
ヴァング「…お前は本当に甘いんだな…」
龍「うっせぇ、あっさりとやりやがってよ…」
ガンム「そ、その声…お前剛輔か?!」
ヴァング「そんなことはどうでもいい…そこにガンムモンがいるということは救出作戦は成功したんだな?」
龍「まぁな、結局バルトモンたちとは合流できなかったけど…」
スネイク「剛輔、ならば…」
ヴァング「あぁ…」
ガンム「おい、お前等どうするつもりだ?」
ヴァング「…ここを潰す」
龍「ちょ、ちょっと待ってくれ!まだ中には春名が…」
ヴァング「『裏切り者』の安全を気にしてどうする…まぁいい、それならお前がどうにかしろ」
ガンム「ハァ?!」
龍「随分丸くなったな、お前…」
スネイク「…とにかく、ここの探索が最優先だろう。まだ伏兵がいるかもしれないからな」
ヴァング「あぁ…」

第52話 完
次回 人形