※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スコール「…誰ですか?このようなまねをする奴は…」
ショット「待たせたな…約束通り、助けに来たぜ」
キッド「全く…迷惑掛けやがって…」
春名「龍君…本当に…来てくれたんだ…」

第51話 覚醒

前回のあらすじ
春名とアクアモンはガンムモンとナイフモンを解放し、突如現れたスコールモンと共に脱出しようとする。
だがグラーグモンが現れ、スコールモンの罠により先に行ったガンムモンとナイフモンも水の兵士に襲われていた。
だがそこに、龍が到着した。

スコール「貴方も馬鹿ですねぇ…こんな奴を助けようなんて…」
ショット「馬鹿はてめぇだろ…大丈夫か、2人とも」
シーフェア「う、うん…」
春名「本当に来てくれたんだね…」
ショット「当たり前だろ?俺たちは仲間だからな」
キッド「全く、どうしてそんなに信じられるのか俺にもわかんねぇな」
スコール「本当にそう思いますよ…貴方達の考えていることは理解できませんね…」
グラーグ「お、おいスコールモン、どうするんだよ…俺たちだけでやるのか?」
スコール「グラーグモン、それでは手柄を横取りされてしまいますよ…それはいやでしょう?」
グラーグ「お、おう!」
ショット「…春名、お前は行け」
春名「え、でも…」
ショット「お前にも何か理由があるんだろ?だったらそれを解決しなきゃな」
シーフェア「春名、行こう!」
春名「う、うん…気をつけてね!」
春名とシーフェアモンは奥に向かって駆け出した。
スコール「逃がすとお思いですか?!アクアソルジャーよ、取り押さえなさい!」
キッド「やらせるかよ!」
キッドモンの銃弾は的確に『水の兵士』を壊していく。
スコール「グラーグモン!あなたもボーッとしてないで!」
グラーグ「おう!弾け飛べ!」
ショット「させるかよ!」
ショットモンの銃撃はグラーグモンを怯ませるのに充分であった。
その間にふたりは奥へ奥へと走っていく。
やがて、2人の姿はこちらからは見えなくなった。
スコール「やってくれましたね…貴方達は…」
キッド「へん、お前等に好き勝手されるのは腹立つんでな!」
ショット「ここから先へは通さない…絶対に!」
スコール「意気込むのはよろしいですが…この大量の『アクアソルジャー』達に敵うとでも?」
ショット「お前等なんかに負けるわけにはいかないんだよ!キッドモン!」
キッド「おう!」
すると、キッドモンの体が光りだした。
グラーグ「お、おい何だあいつら…」
スコール「これは…あの状態で進化なんて…」
ショット「ハイパーエヴォリューション!」
キッド「キッドモン激進化!」
ガト「無限の弾丸!ガトモン!」
グラーグ「進化したからっていい気になるんじゃねぇぞ!ダイダルブレイカー!」
グラーグモンの全身から一気に強力な水流が放出される。
ガト「クッ…てめぇ!いい加減にしやがれ!」
ガトモンは次々と発砲するもすべて水流に押し流されてしまう。
グラーグ「がっはっはっは!てめぇらは俺には勝てねぇ!そしてあいつも『妹』を助けられずに終わるんだよ!」
ショット「…『妹』?」
スコール「ば、バカ!それは…」
グラーグ「あいつもバカだ!おとなしく従っていれば妹は無事なのに…本当にバカだ!俺達に逆らえるわけがねぇんだよ!」
ショット「…聞いたか?」
ガト「あぁ…あいつ等、何か言えってんだよ…ったく」
スコール「チッ…グラーグモン、貴方はなんてことを…」
グラーグ「いいんだよ!どうせこいつ等は俺には勝てねぇ…」
言い終わる前にほほに弾丸が掠める。
その弾丸を撃ち込んだのはショットモンであった。
ショット「言いたいことはそれだけか…」
ガト「てめぇはとことん叩き潰す…」
グラーグ「て、てめぇ等…」
スコール「あのバカみたいなお人よしはともかくそのパートナーはまだ半信半疑の状態で戦っていました…でもそれを貴方は信じさせた!もはや2人に迷いはありませんよ!」
グラーグ「だから何だってんだよ!」
ショット「さてと…どうする?」
ガト「やっぱ零距離からの連続射撃か?」
ショット「いや、それだと一瞬だからな…せめて苦しんでくれた方が…」
グラーグ「てめぇら何言ってやがる!そういうセリフは俺に勝ってから言うんだな!」
ショット「じゃあお言葉どおり…」
ガト「俺達がお前を…」
『ぶっ潰す!』
その時、二人の体が光り輝いた。
それは今まで見たことの無い強い光。
グラーグ「な、まさかまた進化か?!」
スコール「それにしてはこの光…なんて強さだ…」

ショットモン!
ガトモン!
『バスターエヴォリューション!』
二人の体は光となり、一つになる。
そしてそこに誕生したのは鋼の戦士。
ブラスト「勇ましき鋼の銃士、ブラストモン!」

第51話 完
次回 究極