※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

龍「春名…本気なんだな」
春名「えぇ…ハイドロモン!」
ハイドロ「うん!」
ドーケ「フッフッフ…」

第35話 脱出

前回のあらすじ
春名を見つけた龍達はシーフェアモンに襲われる。
そしてドーケモンが現れ、春名が自分の意思で裏切ったことを知った。
ガンムモンとナイフモンは捕らえられ、シーフェアモンはハイドロモンに進化する。

剛輔「チッ…行くぞスネイクモン!エヴォリューション!」
スネイク「スネイクモン進化!」
ハブ「ハブモン!」
ドーケ「私にかなうとでも?」
ドーケモンはトランプを投げ、翻弄する。
スコピオ「チッ…」
ハブ「クソッ…」
龍「春名…俺は…」
春名「龍君…ハイドロモン!」
ハイドロ「しばらく眠ってて!」
龍の周りにたくさんの水泡が現れる。
そしてその水泡は弾丸となって龍を襲っていく。
龍「畜生…こんな時に何もできないのかよ…」
その時、龍のD.フォンが光り輝く。
龍「…ヘッ、俺は…ただ見てるだけでいるつもりはねぇ!デジタルアーマーダウンロード!」
ショット「ショットモン!」
春名「そ、それは…」
ショット「俺は…こんなところでくたばる訳にはいかねぇんだよ!」

一方、研究室のような一部屋…そこにバルトモンは繋がれていた。
バルト「な、何をするつもりだ!」
シレイ「お前の戦闘能力はデンスモンに次ぐ…ならばお前の頭を弄くり、私の人形とすれば…」
バルト「ふざけるな!僕はお前の人形なんかに…」
シレイ「そう言ってられるのも今のうちだ…やれ」
ハグル「イエッサー」
バルトモンの目前に鋭いドリルのようなものが回っている。
バルト「クッ…」
???「悪いがそいつは返してもらうぜ」
シレイ「な、誰だ!」
部屋の壁が力ずくで壊される。
そこには巨大な体を持つ一人の獣人の姿。
そして、バルトモンにとって見知った竜がいた。
バルト「お、お前…」

ショット「チッ…」
ハブ「つ、強い…」
スコピオ「こちらが劣勢か…」
剛輔「畜生…」
ドーケモンとハイドロモンとの戦い、彼等は劣勢であった。
完全体と成熟期と戦い、互角以上の力を見せるドーケモン。
春名を守りつつショットモンを食い止めるハイドロモン。
彼等は強く、不利な状況に立たされた。
スコピオ「…仕方がない、撤退するしか…」
ショット「何言ってんだ!ガンムモンたちが捕まってるのに…」
剛輔「ならばここで死ぬか?」
ドーケ「逃げようとしても無理だと思うがね…」
スコピオ「…ここに入ったのは私も入れて4人…」
ドーケ「…何が言いたい」
スコピオ「…まだ、私の仲間達がいるということだ…」
???「ま、そういうことだ」
ドーケ「なっ…」
壁を砕き、獣人と竜が現れた。
スコピオ「タウラスモン、遅いぞ」
タウラス「ヘッ、ちょっと迷ってな。」
タウラスモン。巨大な体と太い角を持つ獣人型デジモン。必殺技はグレードホーン。
ワイバー「でも、バルトモンを連れて来たぜ」
ドーケ「…味方、ですか」
タウラス「ふん…で、どうするんだ?」
スコピオ「皆を連れて脱出する」
ショット「な、何言ってんだ!まだ…」
剛輔「ハブモン…」
ハブ「すまない!」
ハブモンは手刀を振り下ろす。
ショットモンは気絶し、人間の体に戻った。
ワイバー「…いいのか?」
スコピオ「こうするしかあるまい…」
タウラス「とっとと行くぜ!グレートホーン!」
巨大な体で壁を打ち砕く。
その先には光…外につながっていた。
スコピオ「行くぞ!走れ!」
ハブモンが龍を抱え、外へと走っていく。
ハイドロ「追いかけなくちゃ!」
ドーケ「追わなくていいだろう…どうせ、彼等はまた私達と戦うことになるだろうからな…行くぞ」
春名「はい…」
春名たちしかいなくなった部屋に、一粒の雫が落ちた。

とある部屋…
そこに龍は寝かされていた。
龍「…んっ…ここは…」
???「ようやく目が覚めたか、浅野龍よ」

第35話 完
次回 想い