※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リフレク「復讐するための力を得るためだ…貴様等を超えるな!」
龍「な…」
剛輔「…貴様、自分の体を売ったか…」
M(メタル)リフレク「うるせぇ!貴様等を倒すためならこの魂、悪魔にだってくれてやらぁ!」

第30話 蛇遣座

前回のあらすじ
謎のチューブによって吸い込まれた龍とスネイクモンはスコピオモンと出会い、剛輔と再会する。
そこにリフレクモンが現れる。その体は鋼鉄と化していた。

Mリフレクモン。リフレクモンが体を機械に変えたサイボーグ型デジモン。必殺技はリフレクトレーザー。
スコピオ「…この研究所の主の仕業だな…」
Mリフレク「うるせぇ!これでも食らいやがれ!」
Mリフレクモンは腕のマシンガンを乱射する。
龍「ワワワッ?!」
スコピオ「チッ…」
剛輔「スネイクモン…エヴォリューション!」
スネイク「スネイクモン進化!」
ハブ「ハブモン!」
スコピオ「これでも食らえ!」
ハブ「でぇい!」
スコピオモンとハブモンが攻撃するもMリフレクモンには傷ひとつつかない。
Mリフレク「ヘッ…その程度で!」
Mリフレクモンは腕の剣でハブモンを切り裂く。
ハブ「グアッ!」
剛輔「ハブモン!」
ハブモンはその場に倒れてしまった。
スコピオ「チッ…貴様!」
Mリフレク「てめぇもだよ!」
スコピオ「グアアアァッ!」
スコピオモンはマシンガンで打たれて吹っ飛ばされた。
龍「畜生…こいつ、強い…」
剛輔「チッ…仕方が無い…こいつを使うしか…」
剛輔はD・フォンを握り締める。その手は黒く輝いていた。
龍「な、何する気だよ!」
剛輔「決まってる、俺がポイズンモンになれば奴は倒せる!」
龍「お前それ制御できないんだろ?!」
剛輔「ならばどうすればいい!」
ハブ「心配はいらない…」
剛輔「ハブモン…」
ハブ「お前は見ているだけでいい…私が奴を倒すから…」
スコピオ「私もいる…お前達はそこで見ていろ…」
ハブモンとスコピオモンが立ち上がりMリフレクモンをにらみつける。
Mリフレク「俺を倒す?笑わせるな!じゃあお前らの力を見せてみろよ!」
Mリフレクモンは針を構える。その針から閃光が放たれた。
ハブ「グゥゥゥ…」
リフレク「チッ…」
Mリフレク「ハッハッハ…やっと、やっとこの日が来たんだ!貴様等をぶっ殺すこの日がな!」
剛輔「…ハブモン」
龍「リフレクモン…」
剛輔のD・フォンが光り輝く。
龍「剛輔…」
剛輔「行くぞハブモン!ハイパーエヴォリューション!」
ハブ「ハブモン、激進化!」
右腕の蛇が爪になり蛇の皮膚が全身を覆っていく。
オピュクス「13番目の星の戦士、オピュクスモン!」
オピュクスモン。強力な爪と雷撃を持つ爬虫類型デジモン。必殺技はサンダークロー。
龍「すげぇ…進化した」
スコピオ「流石だな…」
Mリフレク「ちったぁマシになったじゃねぇか!これでも食らえ!」
Mリフレクモンはオピュクスモンを切り裂く。いや、オピュクスモンのいた場所を。
オピュクス「何処を狙っている…」
龍「なんて早さだ…」
Mリフレク「てめぇにだけは負けらんねぇんだよ!デルタモンの為にもな!リフレクトレーザー!」
オピュクス「遅い!サンダークロー!」
針から閃光が放たれるもオピュクスモンは紙一重でかわしMリフレクモンを切り裂いた。
Mリフレク「ガアアアアアア!」
オピュクス「…お前の憎しみ、断ち切らせてもらった」
Mリフレクモンはその場に倒れた。

誡「うう…ここは…」
一方そのころ、別の場所で誡は目を覚ましていた。
誡「みんな…別のところにいるのか…」
???「誰かいるのか?」
誡「誰?!」
誡がその声の方向を見るとそこには懐かしい顔があった。
バルト「…誡?」

第30話 完
次回 実験