※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガンム「チッ…こんなことしてる場合じゃないのに…」
ストーグ「人間…タオス…」
ドーケ「ふふふ…見せてもらおう…舞台を盛り上げる道化よ…」
ナイフ「何か騒がしい…」

第17話 連絡

前回のあらすじ
龍を探していたガンムモンたちは突如ゴブリモン達に襲われる。
ゴブリモンを黙らせたガンムモンはストーグモンに会いに行くがストーグモンは暴走してしまう。
そしてその事を見ていたドーケモン。そして感づいたナイフモンはそこへ向かった。

ゴブリA「親分、どうしました?」
ストーグ「タオス…タオス…」
ストーグモンはいきなり拳を振りかかってきた。
春名「ウワッ!」
アクア「危ないじゃないの!」
ガンム「…何言っても無駄だぜ…」
ゴブリB「へ?!」
ガンム「こいつはすでに操られている…でも…」
アクア「確かにカオスモンに操られてたならすぐに暴れ出すはず…」
春名「じゃあ…」
ゴブリC「そんな事より早く親分を…」
ゴブリD「そ、そうだった!」
ストーグ「ガアァァァァ!」
春名「アクアモン、進化して!」
アクア「うん!アクアモン進化!」
シーフェア「シーフェアモン!」
ストーグ「グウゥゥゥ!」
ストーグモンは暴れまわり部屋を破壊していく。
シーフェア「えい!えい!えーい!」
シーフェアモンは水弾を次々と飛ばしていくが一行にひるみもしない。
ストーグ「ギャアァァァァァ!」
シーフェア「きゃ!」
春名「シーフェアモン!」
シーフェアモンはストーグモンに殴り倒されてしまった。
ストーグ「グロロロロロ!」
春名「ヒッ…」
ガンム「春名!」
ブレード「ストライクブレード!」
ストーグ「ギギャ!」
ガンム「…ブレードモン!」
誡「大丈夫?!」
ブレード「どうなっているんだ!」
ゴブリA「えぇ…実は…」
ゴブリC「お…親分!」
ストーグ「グアァァァァ!」
誡「クッ…何か…何か…」
その時、誡の携帯が光り出した。
誡「…エヴォリュ-ション?!さらに進化するのか!」
ブレード「誡殿!」
誡「うん!」
ブレード「ブレードモン激進化!」
ブレードモンの刀が形状を変えていく。
ソード「迅雷の剣士、ソードモン!」
ソードモン。右腕が巨大な剣の形をした人型デジモン。必殺技はエレキテルソード。
ストーグ「ガアァァァァァ!」
ソード「…そこ!エレキテルソード!」
ストーグ「グアァァァァァ!」
ストーグモンはその場に倒れた。
ゴブリB「親分!」
ゴブリD「大丈夫ですか!」
誡「ふぅ…ん?」
誡の視線の先には一枚のトランプがあった。
誡「トランプ…」

ストーグ「どうやらわしが迷惑かけたようで…」
春名「気にしなくても良いよ!」
ナイフ「しかし龍殿は…」
春名「電話も持ってないし…」
誡「…あ!」
アクア「どうしたの?」
誡「何でもっと早く気がつかなかったんだ!」
ガンム「は?」
誡「この携帯…もしかしたら連絡が取れるかも!」
ガンム「本当かよ!」
誡「まってて…つながった!」
龍『おう…誰だこんなときに!』
誡「龍、大丈夫?!」
龍『誡?!どうして…とにかく話しは後だ!』
誡「え、ちょっと待ってよ!」
誡の言葉を聞くまでも無く龍は携帯を切ってしまった。
誡「…行こう!」
ガンム「でも何処だか分からないぞ!」
誡「…さっきかすかに波の音が聞こえた、時間からしてまだそんなに遠くには行ってないはずだからあらかたの予想は付く!」
ストーグ「まて、だとするとその海岸は危険だ、あそこには魔物が住んでるってうわさがある!」
春名「でも龍君が大変なんです!」
アクア「行かなくちゃ!」
ストーグ「…ならばここを通っていけ!」
ガンム「…ここは?」
ストーグ「俺達が通っていった穴だ、これを使うがいい」
ナイフ「ストーグモン…」
ストーグ「さぁ、いった!ゴブリA、道案内頼むぞ!」
ゴブリA「アイアイサー!」
誡「さぁ行こう、龍の元へ!」

第17話 完
次回 弾丸