※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誰もが寝静まる夜中、屋根という屋根を飛び回るものがいる・・・。
ヒュンッ!ヒュッン!ヒュウウッン!!
シュタ!  タッタッタ・・・
主が地面に着地したのと同時に、一人の少女が走ってきた。

「こいつね・・・・!!」
その少女は、パートナーであろう直列二足歩行の狐のような姿をしたデジモンに言った。
「ああ・・・・!!」
その先には・・・・!!
「ゲロゲ~ロ!!!」
メタルゲコモン。成熟期。ゲコモンの亜種とされるミュータント型デジモン。体内にたくさんの爆弾を溜め込んでいる。
必殺技は、オタマジャクシ形の爆弾をはくタッドポルボム。
「いくわよレナモン!!」「わかった!!」

シュッ!!
レナモンは相手に向かっていった。
「ゲコッコオオオ!!」ボンッ!!
メタルゲコモンの技、タッドポルボム炸裂!!
「はっ!!」
だが、レナモンは飛び上がってよけた!!
「コヨウセツ!!!」シュシュシュシュシュシュシュ!!!
そしてレナモンのコヨウセツ!!何本もの鋭くとがった葉が相手を襲う!!
ヒュッ!!
だが、それはよけられてしまう。
「ゲコオオオオ!!」
技の反撃が続く!!
「っ・・・・!!!」
着地したレナモン、その攻撃をなんとかよける。
「ゲコッ!ゲコッ!ゲコッ!ゲコッ!」
連続でメタルゲコモンのタッドポルボム!!
「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!!」
ボンボンボンボンボンボン!!!
その攻撃を走りながらよけていく!!
「っ・・・・・・・んなっ!!」
が!!!
ボオオフウウウウンッッッ!!
「ぐうああああああああ!!!」
直撃・・・・・!!
「レナモン!!!」
シュウ・・・・・・
「・・・・・・・!!?」
そこにはレナモンの姿はなく、短い丸太が落ちていた・・・
「・・・・!?」シュッ!!!
メタルゲコモンは考える暇もなく、いつの間にか真横にレナモンが移動していた・・・・
「はあああああ!!」
強烈なキック!!!
「ゲロオオオオオオアアア!!?」
ギュウウウイイイイイイイイン!!!ボオオオオン!!!
メタルゲコモンは回転しながら吹き飛んだ!!

「・・・・やったわね・・・」「いや!!」
シュウ・・・・・・
「グルウウアアア!!!」
一回り大きくなり、凶暴さが増している・・・・
「レナモン・・・・わかってるわよね」
「ああ、わかってる!!」

ドルモンに会って1週間・・・・・。
とくになにも変化はなく、いつもと変わらない日が続いていた・・・。ただ、ドルモンがいることを除いて。
あの機械も、特に用がないときは携帯電話にもどるらしい。おかげで何も疑われずにやってる・・・・。

夏が終わりに近づいていた・・・。

「あ!!龍也くんじゃない・・・!!」
呼ばれて振り向く。
「うええ!!?」
部活の休憩時間、中学校の中庭で、龍也は出会った。いや、出くわした?
そこには少女がたっていた。
肩までかかる黒いロングヘア、瞳は茶色に近い黒。
彼女の名は大城 紗愛(おおしろ すずあ)
「こんにちは!!」
「お・・・おう!!」「今日も部活?」
「あ、うん・・・まあ。」「そう、サッカー部だっけ!?」
「ま、まあね。」「そう、よかった!!」
「(なにがよかったんだよ・・・)そ、その、や、やー(おまえ)は?」
「私ね、図書室に用事があって。」「そ、そうなんだ。」
      • なんだこの会話。
別に、オレははじかさー(恥ずかしがり屋)なわけじゃないし、よくしゃべるほうだ。
だけど・・・なんか、こいつとなると・・・
「あ、あ~、そろそろ休憩終わりかな?(棒読み)」
「え?でも弁当食べてないじゃない・・・」
龍也の手に持った弁当を指差していう。
「あ、そ、そうだな。はははは」
「ふふ、龍也君っておもしろい!(笑)」
「あ、そう?はははは」
「じゃあ、もういくね。バイバイ」
「あ、うん。じゃあ。」

彼女が去ってしばらくたって・・・
「龍也?あの女の子なに?」「へ!?ドルモン!」
機械に入っているドルモンが話しかける。
「もしかして、彼女?」「そ、そうなんじゃねえよ!!って、おめ!いつそんなこと覚えたんだ!!」
「この前テレビで見た!!」
「っくう・・・勝手に出たな・・・」
「まあ、いいじゃないか。」
と!
「・・・・・・!!デジモン!!」
機械が反応している!!
「いかなきゃ!!」「ああ!!」
反応した方向へ走り出す。
「龍也!!」同じ部活の友人が走って横切った龍也に言った。
「どこいくんだよ!!」
「すまん英二!!急用できたって監督に伝えてくれ!!」

「ぐるううううあああああ!!」
ゴリモン。成熟期。ゴリラの姿をした獣人型デジモン。右腕の発射口からの「エネルギーカノン」によるヒット&アウェイの攻撃を得意とする。必殺技はあらゆるものを砕く腕力で攻撃する「パワーアタック」。
「ぐるうううううあああ!!」
「ドルモン・・・!!」「いや、大丈夫。」
進化せずにゴリモンに向かっていった!!

ドン!!ドン!!ドン!!
「くあっ・・・!!くっ・・・」
ゴリモンのヒット&アウェイの攻撃に苦戦している。意外にすばやく動くため、なかなか攻撃が当たらない。
「くそっ・・・・はあ、はあ。」
「進化するか?」「いや、いらない!!」
「ドルモン、オレ、いい作戦思いついた・・・!!」

「いくぜえええ!!」
再びゴリモンへ向かっていく。
「はあ・・・・っ!!」
ゴリモンはエネルギーカノンの発射準備をしている・・・!!
  • ・・・だが、ドルモンはよけようとはしない。
「ぐるううあああ!!」プオオオアア!!
今まさにドルモンに放たれようとしている!!が・・・
「メタルキャノン!!」バアッン!!
放たれる間際、発射口の中へメタルキャノンを放った!!
プシュウウウ~~
発射口の中で両方が爆発!!大ダメージ!!

シュウウ~~
煙が立ち込める・・・
「やったあ!!」「ああ!!」
「ぐるるううううああ!!」
ひとまわり巨大化し、さらに凶暴になった!!
「うえっ!!」
「ぐおおおおお!!」
「・・・・よし、ドルモン、進化だ!!」
「ドルモン進化~~~・・・・あれ?」
「し・・・進化できない!!」
「ぐるるうううああ!!」
ドオーーーン!!!
ゴリモンのパワーアタック!!
腕力による強力な攻撃!!なんとかよけたが、攻撃の後には地面が盛り上がってしまっている!!
「何で進化できないんだよ!!」
「知らないよ~!!そんなこといわれても・・・!!」そのとき!!

シュシュシュシュシュ!!
どこからともなく無数の葉がゴリモンに飛んできた!!
「ぐおおお!!」
「・・・・・・・・!!?」

      • 一人の少女とパートナーデジモンの姿があった。
「レナモン!!」「・・・・ああ!!」

To be continue