※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ
戦いの中、自分の過去を思い出すえりか。
転校を繰り返し、クラスになじめず、友達もできず、自分は愛してもらえないと嘆いていたえりか。
身体を張ってえりかを守ろうとするレナモンを見て、レナモンはえりかに愛されたかったことに気づく・・・。
そして、誰かに愛されたいと思うのなら、自分から愛するということが大切だと気づく。
そして愛するものを守る決意が、レナモンに新たな進化を与えた。
そしてついに・・・・

36th moment ~到達~

「よくここまでたどり着きましたね、おろかなテイマー諸君」
棒つきキャンディーをなめながら、彼らを見下すように話す。

「んだと!?てめえ!!おりてきやがれ!!」
龍也が怒鳴る!!
「待て、挑発に乗るな。」制するレオン。
「まあまあ、そうピリピリしないでください。ゆっくり話をしましょうよ。」
「一連のデジモン事件・・・それはお前達のしわざか?」
落ち着いた声でレオンがエリックに尋ねる。
「・・・・・そうですよ。だったら!?」
「(ブチッ!!)てっめえ!!降りて来い!ぶん殴ってやる!!」
「落ち着こう、龍也!!」海人。
「だってよ・・・!!」
「サッカーの練習試合中にデジモンが出現した・・・覚えているだろ?」
「ああ、もちろん。・・・・あれもか!!」
「沖縄市のコザのあの騒動も・・・・ こっちが殴りたい気分だよ」
海人はするどい怒りの目を向ける。
「沖縄在中の基地、米軍施設すべてにデジモンを供給させようとしましたが、あなた達のせいで遅れてしまいました。プテラノモン兄弟も破れましたし。」
「・・・!!あいつら・・・」と、海人。
「目的は何!?」と、えりか。

「“ニライカライ計画”」
「・・・・・・・!!」

ニライカライ。沖縄の伝説で、海の向こうにあるという楽園。
そこから使いが来て、天恵をもたらすと伝えられてきた。
しかし、海の向こうから来たのは使いでも幸運でもなく、戦争だった。

「楽園・・・・?聞いたことある。」
「そう、我々の目的は楽園の創造なのです!!」
「なんだと・・・・?」
「我々、米軍はあなたたち“うちなーんちゅ”を守っているのです。」
「んだとっ!!」
「沖縄は失業率が高いのは聞いたことあるか?基地内で働き生計をたてているものも少なくない。基地がなくなれば、さらに困難な状況になる。なくなったとしても、いいことばかりではないのだ・・・。」
冷静に答えるレオン。
「だからって・・・・・」
「それに、敵が侵略してきても、我々がまもってあげますよ。沖縄から巨大連合が生まれ、周辺地域を支配し、本当の楽園を作り上げる!!デジモンの力が合わされば、不可能なことではありません。」
「・・・・・・・・・・!!」
「そんなこと・・・させるか!!」
「・・・止めれるのなら止めてみてください。」
「もう一つ聞く。何でそれを教えてくれたんだ!?」
「もちろん!!あなたたちはここで朽ちるのだから!!」
交渉の余地なし。
「お前らのその計画といっしょに・・・この基地もぶっ壊してやらあ!!」
「ほお!威勢がいいですね!!すぐですよ、その顔が絶望で歪むのは!!」
無数のデジモンが再び襲い掛かる。
「・・・・・いくぜ!!」「おう!!!!」

「アルケミーレイン!!」「サンシャインデストロイヤー!!」

「はあああああっっっ!!!」
メタルドルグレモン、鎖のついた鉄球を練成し、敵をなぎ払う。
そして鋼の翼の一部から巨大な斧を作り出し、カヤクモンに渡す。
「すまぬ・・・・!使わせてもらう!!」
ズバッッッッッ!!
「はあっ!!」

ティーダドラモンはタンクモンたちの砲撃をバリアで防ぎ、サンシャインネイルで蹴散らす。
メタルドルグレモンにより銃を元に巨大な銃が練成された。それをレオンとローバートが担ぐ。
どんっっっっ!!
「ギャアッ!!」
「うっし!!」
ロバートが手でグッドラックする。

「はっ!!」
カヤクモンが「オン」で結界を作った。えりかや海人も入っている。
「龍也、入って!!」
「お・・・おう!!」
しかし、龍也は襲われる。
「・・・・・・・!!」
と、アルケミーレインの破片を手に取る。
「はあっ!!」ズバッ!!
龍也が刀状の破片をでたらめに振ると、襲ってきたデジモンを倒してしまった。
「・・・・・・・・!!」レオンはその光景に何かを感じた。
「や・・・やった!効いた・・・」
そしてなんとか結界に入ることができた。
「みんなはここで待機してて!!」
カヤクモンは結界から出て、再び敵へと向かう。

しばらく戦っていると、敵も減っていった・・・・。
「へっ!たった3体ぐらい倒せねえのか!!」
「そうですか、いままでのはほんの小手調べ。では、同じ世代ならどうですか?」
「・・・・・・・!?」

「トライデントリボルバー!!」
「!!」
ドカン!ドカン!ドカン!!
三発のミサイルがメタルドルグレモンに発射された。しかしよけるメタルドルグレモン。
「・・・・・・・!!」

「オマエノカコヲヨミガエラセテヤル」
「・・・・・!!」
カヤクモンは禍々しいオーラを感じた。
「・・・・おまえは!!」
ゾ~~~~~!!
機械の死神が姿を現した・・・。

そしてティーダドラモンの前には、銀色に輝く機械の竜が立ちはだかった。

36th moment end