※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第17話「ハイボルトシティへGO!」

~あらすじ~

ガルルモンに続き、ガオガモンもビクトリーモードへチェンジし、オーガモンを倒す。
そして、ダイヤモンドシティは、四匹によって救われたのだった。

「終わった・・・ようだな・・・」
レオルモンが目覚めて言った。
「ああ!進化もできたし!超嬉しい!」
「おいおい・・・!」
今、二匹は、ガオモンとグラウモンを待っていた。

―約十分後、二匹は帰ってきた。
「お~い!お待たせ!」
「随分遅かったじゃねーか!何してたんだよ!」
「いや、すまなかった」
「実は、さっきの戦いで出た町のデジタマを回収してたんだ!」
「これがその証拠だ!」
と言うと、荷車を二匹の前に差し出し、沢山のデジタマを見せつけた。
「うわっ!よく集めたな~」
「だが、これをどうするんだ?」
「大丈夫!ちゃんと考えてあるって!」
「ここで、グラウモンさんからの重大発表で~す!」
「何だよ」
「グラウモンさんは、グラウモンさんの町を作るそうで~す!」
「本気か?」
「どうやら、本気のようだな」
「じゃあ、そこで育てていくんだな!」
「YES!その通り!」
「それじゃあ、旅が終わったら、遊びに行くか!」
「それはいい!そうしましょう!」
「でもさ~!何処に作るんだよ!」
「この山のふもとに池があっただろ?その近くに作ろうと思うんだ!」
「OK!分かったよ!」
「じゃあ、そろそろ行くか!次の町!」
「次は何処へ?」
「ハイボルトシティだ!南の方にある!」
「DWで、最も多くテイマーが住んでいる町ですね!」
「そうだ。また走って行くぞ!成長期のままでな!」
「えーッ!成熟期がいい!」
「だが、ガオモンが・・・」
「ボク、進化しました。さっき、オーガモンと戦っている時に!」
「ま、成長期でいいんだ!」
「えーッ!嫌だ~ッ!」
「じゃあ、グラウモンさん!お元気で!」
「ああ!いつか遊びに来てくれよ!」
三匹は気づいていなかったが、グラウモンの目には、少しだけだが、涙が溜まっていた。
三匹は走り出した。
ハイボルトシティへ向かって・・・。

グラウモンは、三匹が見えなくなるまで、手を振っていた。
「さて!ふもとまで行くか!」
グラウモンは、荷車のとってをつかんだ。
すると、デジタマの一つが孵り、ボタモンが生まれた。
「お!オレの町の第一住人か!」
グラウモンは、嬉しそうにふもとへ走っていった。

―ここは、DWの東の海。
そこに、小さな島が浮かんでいた。
その島には、大きな建物があった。
その建物は、バッドテイマーズの本部である・・・!

―バッドテイマーズ本部 会議室―
「ただいま。進司!何か情報はあるか?」
「ああ!特大の情報がな!あの三匹は、ハイボルトシティへ行ったゼ!」
「そうか・・・。フハハハハハハ!Bの35を向かわせろ!」
「了解~!あいつら絶対死ぬな!」
「ハハハハハハハハハハ!!!」
この不気味な笑い声は、三十秒間程続いた・・・

第17話「ハイボルトシティへGO!」 完