※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

YMIRのデジモンたちが世界各地に散らばり存在するものを全て攻撃していった。
ロイヤルナイツもダークナイツもこれに駆けつけて来た。
しかし、アルファモンだけ姿が見えない。
ロイヤルナイツはオメガモンを中心に。
ダークナイツはラムダモン中心に動いた。
「クッ!アルファモンは何処で何をしているんだ!?こんなときに!!」
ロードナイトモンが言った。
「今はそんなこと考えてる暇は無い!デュナスモン、ロードナイトモンは南東の方角!スレイプモン、ドゥフトモンは北西!アルフォースブイドラモン、クレニアムモンは南西!私とデュークモンは北東を死守する!」
『了解!!』
オメガモンの指示によりロイヤルナイツはそれぞれ散らばった。
パートナーを連れてるものはパートナーを乗せてそれぞれの場所へ向かった。
「我々は奴等とは違う場所を守護する!」
『了解!!』
ダークナイツは1人1人違う場所へ向かった。

     Evolve56『強大なる竜の力
                    VSウォーグレイモン&ホーリードラモン!』

デュナスモンとロードナイトモンは大量のYMIRのデジモンと戦っていた。
『ドラゴンズロア!!』
『スパイラルマスカレード!!』
しかし、倒しても倒しても次々と襲い掛かってくる。
「クッ!限が無い…!『ブレス・オブ・ワイバーン!!』」
デュナスモンはブレス・オブ・ワイバーンを放った。
そして、雑魚デジモンたちを一掃した。
「これで少しは減っただろう…」
「油断するな!デュナスモン!次が来るぞ!」
敵は怯むことなく襲い掛かってくる。
『アージェントフィアー!!』
頑張っているが全く減らない。
「クッ!いつになったらこの団体は消えるんだ?『カードスキャン!―ドラゴンズブレス!』」
疾風がカードを使うとデュナスモンが炎を放ち、敵を倒していった。
しかし、急に敵がロードナイトモンとデュナスモンから離れていった。
「どうなってるの?」
優里香が疑問に思い言った。
「ッ!?気をつけろ!とてつもない力が来る…!!」
黒い雲が切り裂かれそこから光が照らされた。
その光からピンクと黄色のデジモンが降臨した。
「何者だ?」
ロードナイトモンがその2体のデジモンに問う。
「俺はウォーグレイモン。YMIRの幹部の1体だ」
「私はホーリードラモン。同じくYMIRの幹部の1体」

~データ解析~
ウォーグレイモン
世代:究極体
種族:竜人型
属性:ワクチン種
必殺技:ガイアフォース、グレートトルネード、ドラモンキラー、ブレイブシールド、ウォーブラスター、ウォードライバー

ホーリードラモン
世代:究極体
種族:聖竜型
属性:ワクチン種
必殺技:ホーリーフレイム、アポカリプス、ホーリーサンダー、ホーリーフレア、セイントプロミネンス、ホーリーデストロイ

「御前たちの目的は何だ!何処から沸いてきた?」
「俺たちYMIRの目的…それはこの世界を手中にするため…」
「現在の神であるYGGDRASILを倒せば早いけど、まずは現在のデジモンたちがどれほどの力を持っているのか…それにより神の力を計算することが可能よ」
「だが、思ったより大した事は無いみたいだな…」
「俺たちを甘く見ないで欲しいな…『ドラゴンズ…』」
デュナスモンがドラゴンズロアを放とうとした瞬間、ウォーグレイモンが一瞬のうちに移動し、デュナスモンを蹴り飛ばした。
「グッ!!は、速い…」
「アンタたちが遅いのよ…」
デュナスモンが空中で受身を取り体勢を立て直し、再び攻撃の態勢をとろうとするがホーリードラモンが追い討ちをかける様に尻尾でデュナスモンを吹っ飛ばした。
「グアアァァァァァッ!!」
『アージェント…』
ロードナイトモンが後ろからホーリードラモンに攻撃を仕掛けようとするがウォーグレイモンが上からロードナイトモンを攻撃し、地面に叩き付けた。
「グッ!…なんだ…この力は?」
「やっぱり達者なのは口だけだな…」
「これで終わりよ。弱者は世界に必要ないわ…」
ウォーグレイモンとホーリードラモンは攻撃の態勢をとった。
『ガイアフォース!!』
『ホーリーフレイム!!』
竜の炎がデュナスモンとロードナイトモンに襲い掛かる。
そして、爆発が起こった