※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ
ついに黒幕・エリック=アレクサンドロスのもとに辿り着いた龍也たち。
そこで、ついに目的が明かされる。
それは、デジモンと米軍の力を利用した楽園の創造だった。支配である。
それを阻止すべく、立ち向かっていく。

と、それぞれの前に完全体デジモンが現れた。

ライズグレイモン(黒)
メタルグレイモンに似た、サイボーグ型デジモン。
体の半分が機械化され、翼までもがビーム砲を搭載、左腕は自分の体ほどある巨大なリボルバー(砲身)になっていて、その攻撃の威力は核弾頭一発分に匹敵する。
クロンデジゾイド製の銃身とその巨大な体の割に、軽々と大空を飛翔し、戦う。
技はリボルバーから放たれる「トライデントリボルバー」他

メタルファントモン
全身を機械化した死神の姿をした、サイボーグ型デジモン。

スタンドラモン(オリジナル)
銀色に輝く竜(蛇形)の姿をしたマシーン型デジモン。
電気タンクを背負っており、そこからおよそ1600万ボルトの電撃をスタンガンの形をした手へと送り込み、放つ(「スタンブラスト」)。

37th moment ~機竜~

ライズグレイモンは一瞬にしてメタル(M)ドルグレモンに迫り、腕の砲身を叩きつける。
Mドルグレモンは翼で身体を覆って防ぐ。
キュインッ!!
相手は続いて二度、三度と砲身で攻撃する、それを受け流す。
「アルケミーレイン!!」
少しはなれ、鋼の翼から無数の針を錬成し飛ばす。
しかし相手は身体中を使って衝撃を起こし、それらを吹き飛ばす。
「くっ・・・!!」
と、再び急接近して砲身を向ける。「・・・・!!」
バーーーーーン!!!
砲弾をすれすれでよけるMドルグレモン。そしてすかさず翼で攻撃する。
相手はよけて、砲身ではない右腕で攻撃。
Mドルグレモンもよけ、攻撃を続ける。互いに譲らず、それを繰り返す。
と、相手は砲身を大きく振り上げ、すばやく振り下ろす!!
それと同時に、Mドルグレモン全身全霊をかけ突進する。
ギャイイイイイイン!!
距離が離れ、対峙する。
「・・・・・・・!!」

機械の死神は持っている大鎌をカヤクモンに振る。濃い紫色の斬撃が飛ぶ。
カヤクモンは飛んでよける。
そしてどこからかダイナマイトを相手に落とす。
ボオオオーーーーーーン!!!モクモクモク・・・・
8本のダイナマイトがすべて爆発し、煙が立つ。
      • しかし!!カヤクモンの後ろにまわっていた。
「・・・・・・・!!」
キュイン!!
死神の斬撃が再び彼女を襲うが、すかさず隠し持っていた刀で弾く。

ドバーーーン!!
ティーダドラモンのソーラーデストロイヤーとスタンドラモンが放出した電気が相殺しあ
う。
「その手に気を付けろ!」海人が指示する。
「わかってる!・・・・・はっ!!!!」
爪でパンチを繰り出す。相手もスタンガンの手で攻撃する。
バッ!!
クロスカウンターのようになるがティーダドラモンはすれすれで感電を免れた。
「危なっ・・・」
お互いに尻尾で打ち合う!!
スタンガンの手が伸びてくる!!
「サンシャインネイル!!」太陽の力をこめたツメ攻撃。
バーーーン!!

キャイン!!キャイン!!キャインッ!!キャインッ!
カヤクモンの刀と機械の死神・メタルファントモンの大鎌がぶつかり合う。
カヤクモン、大鎌の横切りを一回転で飛んでよけ、後ろにジャンプし離れる。
「はあっ!!」
札を投げつけるカヤクモンだが、メタルファントモンはそれを吹き飛ばす。
そして対峙する。
「・・・フハ!フハハハハハ!!!」
「何がおかしいっ!?」
と、カヤクモンは「オマエノカコヲヨミガエラセテヤル」という言葉を思い出した。
キュイイイン!!

ズバッ!! バッ!!ズバッ!!バッ!!
「きゃあ!」「ぐあっ!!」「ぐはあっっ!!」
「あ・・・・・・あ・・・・・」
幼きレナモンに映ったものは、倒れていく仲間達の姿だった。

「やめろおおお~~!!!」
「フハハハハ!オマエノカコダ!!」
カヤクモンは過去の悪夢を見せられていた。
「ぐああああ~~~~~!!」
「カヤクモン!!」
それに気を取られるティーダドラモン。
と、最大の電撃が彼を襲う!!
バチーーーーーーン!!!
「ぐはあっ!!」
「ティーダドラモン!!」
スタンドラモンの尻尾が顔面に直撃!!
「ぐはっっ!!このっ・・・」
バンッ!!バチバチバチバチ!!
たてなおそうとしたが、再び尻尾攻撃、スタンガンアームの電撃をくらった。
「ぐはああああっっっっ!!」

ピンチに陥ってしまった!

「カヤクモン!!」と、えりか。
「ムダムダムダアアアッッッ!!ワタシノアクムヲヤブルコトナドデキナイ!!コノママ
コイツハセイキヲトラレテシヌ!!」
「ぐあああ~~~!!」
悪夢を何度もみせられる。

私は戦争で仲間を失った・・・。終戦後もなんとか生き延びていたが、私は独りだった。
しかし私には今、仲間がいる!そして・・・
「カヤクモン!」
一番大切なパートナー、えりかの声をで目を覚ます。
「はあああああっっっ!!」
「何!?メタルファントモンの悪夢を断ち切っただと!?」
高みの見物をしていたエリックが驚嘆した。
「はあああっっっ!!」
すばやくメタルファントモンの前に移動する。
カヤクモンが立っていた場所には重りが落ちていた。
バキッ!!
メタルファントモンは鎌で防いだが砕かれる。
「孤螺旋(コラセン)!!!」
炎と雷の渦巻き玉 至近距離かつ最大級で放つ。
ブオオオオオオ!!ドーーーーーン!!
相手は回転しながら吹き飛ぶ、そして壁にうちつけられ、のめりこんだ。
シュウ・・・
撃破したのだった。

ティーダドラモンも反撃に転じる。

スタンガンの両手を両手でつかむ!
「うがああああっっっっっっ!!」
感電してしまう。
「何をっ・・・・!」
「ソーラーデストロイヤー!!
感電しながらも、至近距離で必殺技を放つ。捨て身だ。

「はあ、はあ、はあ・・・」
ザシュウウウウウ!!!
サンシャインネイルでとどめをさした。

そして、MドルグレモンVSライズグレイモン

ライズグレイモンは翼のビーム砲を全て発射した。
Mドルグレモンはすかさず鋼の翼から無数の刃を錬成して飛ばし、それらを撃ち落とす。
そして接近し、Mドルグレモンは翼、ライズグレイモンはリボルバーで攻撃しあう。
          • そして対峙する。
タスケテ・・・タスケテクレ・・・
「・・・・・・・・・!!誰?」
Mドルグレモンは何者かの声を聞いた。

「うるさいですよ・・・“室長”。」
エリックがつぶやいた。

37th moment end