夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

久馬白次

久馬白次(きゅうま しらつぎ)

年齢:16 学年/職業:高1 性別:女 レベル:3 メイン:戦士 サブ:狩人 エクストラ:探偵 追加サブ:- 種族:人造人間
参戦回数:-回 学園:私立誠仁義旗高等学校 素行:E 身長:165cm 体重:89kg PL名:フラー
総合 財力 学力 体力 素行 特異性
C D E A E C

「貴方が、犯人ですね!」

「久馬白次、執行委員(パニッシュメント)の名において、正義を執行します!」


外見
「私が久馬家が養子、久馬白次です」
 白い髪に青白い目。白い肌の上に白色のコートを羽織っている。
 白色で統一された風貌からは一輪の花を思わせる。
 ただ、彼女の目つきと話しぶりを見た時には、その評価が変わることだろう。

人格
「……なんですってぇ!?」
 己の推理(ちょっかん)を信じ切る脳筋。通称バカ。 挑発に乗りやすい。
 「面倒くさいことは大抵殴れば解決します」と考えている節があり、真っ先に攻撃に移ることも。

 白次がスピード解決を望む理由の一つとして「こうしている今も誰かが困っているから」があげられる。
 相手が誰かを困らせた犯人なら、殴って捕まえ反省させなければならない。
 白次の胸の内に眠るジャングル探偵の魂が、拳に炎を灯らせ殴る選択肢を選ばせているのだ。

来歴
 とある実験の成功作。非公式に久馬家当主が買い取り、久馬家養子となる。

 ジャングル探偵としての力は早期に目覚め、小学生の頃から様々な事件を推理と暴力で解決してきた。
 小学生離れした体躯と筋力、何よりも喧嘩っ早さは周囲を恐れさせ、久馬家当主に注意が及ぶまでになった。
 これを危惧した当主は環境の変更を白次に提案し、学園都市の私立誠仁義旗高等学校に入学することとなった。

+久馬家
織田家の家臣を祖先に持つ武家。
スリングの技を一子相伝によって綿々と受け継いでおり、 投手 当主及び次期当主の戦闘力については各所から一目置かれている。
また一代限りの養子を取ることでも有名であり、 ドラフト 久馬家会議によって選出される。
養子として選ばれた者達は新しい名前を拝命し、学生時代は自由に過ごした後久馬家に関する仕事に就いていく。
養子当人にとって良い環境を用意するものの、養子は次期当主になることは決してできない。
当家の勢力を維持し、次期の権力闘争を極力無くすことができるというメリットを持つ制度である。

選定基準は極秘だが、選出される者達から見て総じて若くして才能を開花させていることは共通なようだ。
また養子同士は互いの存在や名前は認識しているものの、選出経緯から横の繋がりはやや薄い。
+当代久馬家
名前 年齢 選出時期 種族 特記事項
久馬善一郎 16 - 天魔/人間 次期当主。天魔系アイドル。
久馬白次 16 13年前 人造人間 火の玉ストレートの使い手。バカ。
久馬三夜子 18 9年前 混血 デッドボールの使い手。ソフトボールのエース。
久馬誠四郎 12 7年前 忍者 分身魔球の使い手。忍者ではないかと囁かれている。
久馬諏訪五郎 17 5年前 人間 消える魔球の使い手。生臭坊主。

+久馬善一郎

久馬善一郎

年齢:17(高2) 性別:男 種族:天魔/人間/使徒 身長:179m 体重:83kg
クラス:異能者/魔法芸術家/悪魔使い/戦士 所属:梧桐総合教育学園
能力値:筋力18/知力10/器用15/敏捷15/感知15/精神15

「狼狽えるな、”愛してくれる者共(ファンのみんな)”!」

「「「キャーッ!!!」」」


久馬家次期当主にして、第六天魔王(織田信長ver)の使徒。
人気上昇中のアイドルグループ「天雫」のリーダーにして、梧桐総合教育学園魔法科。
様々な肩書きを持つ優等生にして、人間を辞めた者。

久馬白次及び久馬諏訪五郎とは義妹もしくは義弟の関係にある。兄弟仲は二人共見た目は悪くない。
白次曰く「申し分ない実力と精神を持ち合わせた方」。
白次の評価に違わず、尊大かつ寛容なその性格と歌唱力などでファンを多く獲得している。

人を辞めて天魔となった故に、人でありながら人ならざる美貌と魔力に満ちている。
ある者には輝かしく見え、ある者には人間として脅威を感じるだろう。




PickUp

 久馬白次は生まれつきのジャングル探偵である。
 知恵と力で十二の試練を乗り越えたヘラクレスもジャングル探偵であったというのはある筋では有名な話である。

 そんな白次が最も得意とするのは暴力で推理を押し付けることである。
 犯人であるという唯一無二の事実を敵にぶつけ、事件を解決する。
 白次が叩きつける真実の拳、通称「火の玉ストレート」からは如何なる犯人も逃れられることができないだろう。

+データ的には
火の玉ストレートホークアイで筋力15*4=60以上のダメージを叩き込みます。

+通信簿
+絆レベル1
身長:165cm
体重:89kg
所属:私立誠仁義旗高等学校
好きなもの:秩序、真実
嫌いなもの:久馬諏訪五郎
特記:ジャングル探偵戦士
+絆レベル2
己の推理(ちょっかん)を信じ切る脳筋探偵。正義感と腕力はあるが知力は低い。
五大学園ではなく私立誠仁義旗高等学校に入学したのも彼女の学力レベルを鑑みてのこと。
白次が関わった事件は大抵悪くない結末で終わるが、支払われる犠牲は多いという。
+絆レベル3
+絆レベル4
+絆レベル5

+その他雑記
+イメージソング
+意図
クライマックス時の久馬白次のイメージ。真実の拳。

ろくでもない世界、絡み合う迷宮、踏み出す一歩一歩が変えていける。

キャラクター情報

+キャラクターメモ

「執行終了、事件解決。全ては丸く収まりました」


「……私の顔に何かついてまして?」


更新履歴

取得中です。