夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

空天・ディムロハッド

「状況は? ……分かった。次の部隊、出番だ! 頑張ってくれ!」
「確かに俺達は取り込まれるかもしれない。対抗策があってもまだ足りない、絶望的な戦いかもしれない」
「だけど、それでも後に続く仲間がいる。俺達は、例え負けても一人じゃない」
「それが人間だ。俺達が死んでも、後に続くものがある。残るものがある」
「だから、笑おう。笑って戦って、笑顔を残して行こう」
「繋げて生きよう。それが何より、平和への道だ」





空天・ディムロハッド(あきたか・-/Akitaka dimulohadd)

年齢:17 学年/職業:高2 性別:男性 レベル:10 メイン:マグス サブ:狩人 エクストラ:侍 追加サブ:結界士 種族:人間
参戦回数:2回 学園:紅葉アストラル学園 素行:C 身長:普通 体重:普通 PL名:ポポカ
キャラクターシート
キャラクターテーマ:NPC・非戦・属性エンチャント・イデア戦争

「饅頭食べるか? 甘いぞ」


外見
ルックスはイケメン。時々眼鏡をかけるが、デスクワーク用と戦闘用のものがあるらしい。
常に腰に刀を下げているように見えるが下げていない時もある。
身長は人並みより少し高い程度。学園都市ではそれほど目立つ容貌でもない。

人格
見境なしにアストラル饅頭を配り武器に妹属性を付与して振り回すキチガイ。
普段は普通の高校生のように振る舞っている。喧嘩は好まないが、競争や勝負は嫌いじゃない。

来歴
+ 饅頭が美味かったから紅葉アストラル学園に入学した。

愛海
+ 妹属性をつけられた
+ 彼の愛刀。


+ 参加セッション

+ 友人関係

PickUp

「行こうか、愛海」
男が呼びかけると、鞘から抜き出された鉄刀は呼応するように淡く光を放った。


攻撃特化型の白兵戦士。
後々防御も覚える予定だが、侍であるためどちらにせよやや脆い。


マグスとは、本来エネルギーとして使われるはずの魔力そのものを操作する技法である、と空天は考える。
彼は本来持っていた侍の技術とマグスの力を最適に、且つ全般的に運用する方法を考えた。
その回答が、自分に最も適合する属性の魔力を纏わせたオンリーワンの武器の運用である。
錬金術と思想は似通っているが、あくまでも自分と武器のコンビネーション技術であるため、他者強化は得意でない。

更新履歴

取得中です。