茨野

茨野(いばらの/Ibarano)

年齢:14 職業/経歴:フリーの魔法使い 性別:女 レベル:7 メイン:戦士 サブ:探索者 エクストラ:侍 追加サブ:- 種族:鬼人
参戦回数:7回 タグ:開拓者*2 帰還者 身長:145 体重:48 PL名:小熊ユズル
イメージ曲:knew day((K)NoW_NAME)

「おう、首ィおいてけ」


外見
長い金髪、和服、幼い外見、そして頭に2本の角。
三白眼なのも合わさり、実に物々しい幼女である。
人格
一言で表すなら戦闘狂だ。戦で敵の首を取り、手柄とすることを良しとする。
但し、戦でないならばただの世間知らずである。
来歴
鬼人は歓迎されない種族である。無論、茨野も厄介者扱いされた。
力はあれど振るう機会は無く、家族とは疎遠になり、孤独になっていった。
そんな時、空島の噂を聞く。
そこで茨野は手柄を立てれば世間に、家族に認めてもらえると思った。
そうして彼女は空島へと向かう。一振りの大太刀を手にして。

+空島に来るまで
生まれてすぐ:角があったため、親から離される。屋敷にいた侍女たちに育てられる。
6歳:6歳の誕生日に、離れに移される。最初は侍女が居たが、徐々に居なくなり、一人暮らしに。
13歳:義務教育分の教養を全て終える。
14歳:現在。空島の噂を、たまたま街に降りた際に聞き、離れを出て空島へ。

+幼い頃の記憶

周囲は優しくなかった。
「何故生まれてきたんだ」
「お前は要らない子だ」
「育てるべきではない」
……等々。茨野を見た親族達は、物心ついていない鬼人の幼子に罵倒の言葉を浴びせた。
使用人達も忌避した。情か仕事故か、6歳までは付いていた者も居たが、親族達の命令で全員離れた。

そして、山奥の屋敷で独り、御伽噺の本を読んでこう思う。
『わたしは鬼なんだ。だから嫌われたんだ』
『それはもうどうしようもないことで、この世界では当たり前のことだから』
「ならーーー吾は鬼として生きよう」
「嫌われ者の鬼として、人ではない者として……」

独りで山奥に住み、生活した彼女は、過去など気にしてないように見えるだろう。
鬼っぽく言葉を荒くし、敵を斬ることに容赦せず、過去に対する煽りなど軽くいなす。
ちょっと隙があって、簡単に人を信用するのは世間知らずのせいだと思うかもしれない。
それは間違いではないが、その根本は「人と仲良くしたい」からだ。

+知らなかった話と家庭事情
(知らなかった話)
姿を見せず、生活の支援をする。要はあしながおじさんに育てられた茨野。
物心つく前は屋敷の一室に隔離され、6歳の時に山奥の離れに移された。
家族構成は両親と姉。姉には会ったことが無く、両親の顔は憶えていない。

茨野の両親……人間である父親には親族が多く、その親族たちが生まれてきた茨野を忌み子だと言い、捨てろと言ってきた。
両親は茨野のことを愛していたが、仕方なく隔離して育てる他無かった。

茨野が空島で名声を上げ、親族たちの声も関係ないほどに成長したとき、家族と会えるようになるであろう。
そうでなくても、無事に帰ってくればそれだけで喜ぶはずだ。

(茨野の家族)
父親:人間。数代前から継いできた資産家。幻想種である茨野の母親と結婚した。
母親:幻想種。そして貴種。鬼の姿をした女性。
姉;人間。養女。詳細不明。
父親の親族:人間。茨野のことを「貴種の血を絶やす忌み子」と敵視している者達。
茨野の姉を持ち上げているのもこの親族たち。茨野の両親の結婚には反対していた。

茨野の家:一条家という、日本にある、資産家の一族。知名度はそこそこ。魔法使い連盟に出資している。
最近は空島関連の調査団にも出資しているようだ。

+二重人格
自覚無しの二重人格。過去の厳しい境遇をきっかけに、幻想種の血が精神を守るために生み出した保護機構。
心優しい少女と、荒々しい鬼の性格を併せ持つ。
鬼の性格は幻想種である母親の影響を強く受け、客観的で機械的な側面が強い。
少女の性格は人間らしく、弱さが前面に出ている。

少女と鬼は一心同体。表と裏であれど、その本質は同一。
心優しき鬼人。彼女は守るために力を振るう際に、最大の力を発揮する。

……鬼の人格は、少女の人格を認識していたが、少女は鬼の人格を認識していなかった。
少女の方が臆病なこともあり、基本的には鬼の人格が前面に出ていた。
が、空島の生活を経て少女が成長し、段々鬼の人格が出ることが少なくなっていた。

鬼の人格が引き起こした事件以降、鬼と少女の人格はお互いに認識しあい、共存している。
元々二人で一人であったためか、身体的に問題は起こっていないようだ。
あるとすれば、片方を呼ぶときに面倒なぐらいか。

+参加セッション
ぶっちゃけ数多くなってきたので割愛

+友人関係
青空真昼:角をかっこいいと認めてくれた、最初の友人。

久遠レイ:大好き。

β2:彼女から贈られた服は、今も大切にしてある。そして同居中。

綾辻真澄:親の事を調べてもらった。良い探偵さん

彼:……色々教えてもらった。世の中の怖さを知った。

ギルベルト:どうしようもなく阿呆でお人好しな、信頼できる人

ミュート:結構自分と似てるところが多い。お菓子好き同盟。

魔法少女:友達になった、どこか危うい二人の少女。




PickUp

「わたしは挫けない、あきらめない」

一行データ解説:命中特化居合い幼女。~探索スキルを添えて~
所持探索スキル:ファインドトラップ、リムーブトラップ、彷徨い人
他:へうげもの

キャラクター情報

+キャラクターメモ