夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

バトルシティルール

シティルールからの変更点
  • 1ターンは20分
  • 集めるのは「戦闘ポイント」
  • シティルールで1ターンに使える技能が2つまでなのと同じように、バトルシティルールではスキル・技能両方合わせて2つまでしか使用出来ない。
  • 技能使用時のダイス増加数はシティルールに準ずる。
  • スキル使用時のダイス増加数は、消費するMPをCPと合算してシティルールに適用する。
  • 特筆欄に書かれているスキルが効果を発揮するのは【所持】ではなく【使用】時
  • 失敗時、不足していた達成値の数だけHPが減少する。
  • 一度クリアした場所を再び選ぶことは出来ない。
  • 支援スキルなどは事前にかけていない限り、「協力」しているキャラしか使うことは出来ない。


【バトルシティルール】
戦争の準備を進めているだけあって、魔法使いか否かも関係なく大量の兵隊が集められている。
そのほとんどは普通の人間か、Lv1~2の駆け出し以下のようだが、その数は脅威だ。
幸いにして相手の拠点はやたらと広い上に、古い建物を改装してあるため死角も多い。
まずは雑魚を削って、本命への道を切り開くことが先決だろう。

◆ヤクザ屋敷
〇犯罪歴(+1D)
×天上の美(-1D)
×美形(-1D)

名称 目標 概説 特筆
乱戦と化している戦場 戦闘1【命中or魔法/20】 味方と敵が入り乱れて戦っている最前線。
手助けをする場合、誤って味方に攻撃を当てることが無いよう注意しなくてはならない。
なにせ両方ともヤクザでパッと見では見分けが付かないのだから
防護呪文を飛ばす魔法使い 戦闘1【魔法DR/80】 プロテクションやヒールを使い、戦闘の援護をしている魔法使い。
Lv3前後の腕前のようだが、こいつのせいで前線を押し込むことが出来ないでいる。
常に護衛が張り付いているため、白兵戦は時間がかかるだろう。魔法で蹴散らしてしまえ
雑魚たちが集まる広場 戦闘1【DR/90】 雑魚がわらわらと集まっている広場。
実力者は一人も混ざっておらず、まとめて焼き払えばそれなりの数を減らせるだろう。
弱者はどれだけ集まろうが弱者である。
○複数を攻撃出来るスキル(+3D)
本館と別館を繋ぐ通路 戦闘2【器用/27】 恐らく本命がいるであろう本館と、兵隊が集まる別館を繋ぐ通路。
ここに罠を仕掛けておけば、本命との戦闘中に兵隊の邪魔を入りづらくすることが出来るだろう。
上手くすれば、兵隊の中に混じっている実力者を仕留めることも出来るかもしれない。
一人で佇む和装の侍 戦闘2【白兵DR/120】 他の兵隊とは群れず、一人で静かに佇む侍。
その実力の高さは立ち振舞にも現れており、ともすれば君たちよりも上かもしれない。
ここで彼を始末することが出来れば楽になるだろうが、一人では恐らく返り討ちになるだろう。
○一人以上「協力」をしている(+2D)
×一人も「協力」をしていない(-2D)
武器倉庫 戦闘1【知力/18】 武器や銃、火薬などを保管している倉庫。
魔法使いにとっては大したことのない武器だが、一般人はこれらの武器がなければただの足手まといと化すだろう。
もちろん各自で携行している武器はあるだろうが、補給線を叩いておくことは重要なことだ。
○火属性の攻撃手段(+1D)
駆け出し魔法使いの詰め所 戦闘2【命中or魔法/30】 低レベルの駆け出し魔法使いの待機場所。
初々しい雰囲気があり、恐らくはヤクザ同士の戦争とは知らされずに雇われたのだろう。
周りの雰囲気に押されている様子が見て取れるが、魔法使いを放置しておくわけにはいかない。
大きくて立派な厨房 ???【敏捷/20】 業務用と見紛うような立派な厨房。複数の大型冷蔵庫には新鮮な食材がぎっしり。
料理人は避難しているのか、ここには誰の姿も見えない。
特に寄る必要もないように思えるが……。
統率された兵隊たち 戦闘2【回避/26】 きちんとした命令系統の下に統率された兵隊たち。
普通の人間が主な構成員だが、火力要員として魔法使いも何人か編成されている。
低レベルなため攻撃を当てれば倒せるだろうが、逆に一度でも足を止められれば熟達した連携により、君たちでも封殺されかねない。
○瞬間移動(+1D)
○時間停止(+2D)
封鎖された裏門 戦闘1【器用/20】 厳重に封鎖された裏門。幾重にも掛けられた鍵で侵入者を拒んでいる。
門自体も頑丈で、大型トラックでも突っ込まなければ破壊することは叶わないだろう。
逆に、ここを開けることが出来れば侵入・退却に優位を取ることが出来る。
○アンロック(+1D)

更新履歴

取得中です。