夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

ジムゾン

名前(ジムゾン/Simson)

年齢:26 性別:男 レベル:9 メイン:聖職者 サブ:狩人 エクストラ:魔弾使い 追加サブ:探索者 種族:鬼人
アライメント:中庸 表の顔:自称神父 身長:189cm 体重:75kg PL名:あたろう

「……問題は、ない」


外見
痩せぎすだが長身で威圧感がある男。
ぼろぼろのカソックに、中ほどで折れている銀色のロザリオ。

ばさばさの砂色の髪は背の辺りまで無造作に伸びている。
眼光鋭い鳶色の目。無表情だが、口を開けば尖った乱杭歯が口から覗く。
お世辞にも人に受ける顔立ちではない。

自分でも顔が怖いのはわかっているので、あまり笑おうとしない。

両腕は奇妙にねじくれており、異様に大きな手は革手袋で覆われている。
顔立ちと相俟って、種族的な『人間』でないことは一目で判る。
半人狼。聞かれれば答えるが、聞かれない限りは自分から『何』とは語らない。

人格
基本的に朴訥。見える感情は平淡で、口調も淡々としたもの。時折ボケる。
無表情が大きく変わることはあまりなく、不愛想にも思えるが、
感情自体はきちんと備わっているようで、本人なりにはコミュニケーションを取ろうとしている。
なお、得意とは言っていない。

大人しくしていることが多いが、
頭に血が上った時には我を忘れて獣のように荒れ狂う。

来歴
比較的最近この街に訪れた男。
貧困区の片隅にあるほぼ崩壊寸前の教会にある日突如として現れ、
そこに屯していた貧民とチンピラを銃で強引に追い出し占拠したとまことしやかに噂される。
本人も特に否定しない。
なお、この教会に元々赴任していた神父の行方は知れていない模様。

『神父』を自称するが、説教や施しなど神父らしいことは、言われなければ特にしない。
逆に言うと言われればするらしい。儀礼や教義には精通している模様。

名前を問われれば『ジムゾン』と答えるが、明らかに思い出しながら
答えているので本名でないことはすぐに判るだろう。

+ 来蘭教会


+ 机の奥に仕舞いこまれていた手紙



+ 参加セッション

+ 友人関係



PickUp

「俺が穿とう。……続いてくれ」

魔弾を撃つこともできる探索聖職。
燃費は限りなく残念。

キャラクター情報

+ キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。