夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

雑踏雑音(ノイズ・クーベルタン)

年齢:見た目16  性別:女  メインクラス:魔道士 種族:幻想種

コミュニティ:クーベルタン魔法事務所 身長:不定 体重:不定 スリーサイズ:不定



「今宵今晩この場所で、新たなホラーのはじまりはじまり!」


概要

 町に溢れる無数の噂話が集合して、人格を得るに至った存在。
 人格が形成されているだけで形までは持っておらず、周囲の生物が勝手にそこに何かがいる、と思い込む事でそこにいる事ができる、幻のような物。
 生物というよりはシステムに近く、その人格に丁度いい格好と言う事で大体の場合は高校生ぐらいの少女に見えるが、
 見る者によって身長や体重、アクセサリーの有無などの細部が異なる。人間に見えるのはあくまでも人間レベルの知能を持っている存在にとってで、
 それ以下、或いは超越しすぎている存在にとっては、人間の姿にすら見えていない可能性が高い。

 性格は9割の適当と1割のシリアス。口から出る言葉は7割が嘘で2割は真実を面白おかしく脚色したもの、残り1割は根も葉もない噂。
 彼女に対する攻撃は実際には何も無い中空に対して放たれているだけに過ぎないのだが、
 周囲が『攻撃を受けた』と思えば攻撃を受けた事になり、『ダメージを負っている』と思えばダメージを負う。
 『致命傷だ』と思われれば、人格を維持できずに消滅する事だろう。ただのイメージだからこそ、常識通りの人間程度に脆い。


コネクション・友人関係

 クーベルタン事務所の所長、マリー・クーベルタンに保護されている。その縁により、一応公式の場で名乗る時は『ノイズ・クーべルタン』を名乗る。
 特に敬意とかはない。戸棚のあんぱんを食べたり、逆に『ゥンまああ~い棒』牛乳味を食べられたり。

 性格の都合上、顔自体は割と広いが、大親友になったり、異性として認識したりと言う事は基本的に無い。
 行動原理を完全に理解できる人間はいないが、とりあえず彼女の事を知ってる人間は彼女について、
 『トラブルメーカーである』と考えている認識は共通している。

PickUp

 その出自から、複数回の呪文を一度に放つ事を得意とする。燃費は最悪に近く、一度に大量の情報を放つため、自身の存在濃度が下がる。
 自分が消滅寸前まで追い込まれるのは特に苦にしていないが、システムとしての防衛機能として、ギリギリまで追い込まれた場合は
 それ以上魔力へと生命力を転換する事を行う事は無くなる。

 また、冒険者とは別にクーベルタン魔法事務所の所員としても活動しており、その収入がちょくちょく入っている。

 最近悪魔と契約し、愛と勇気と引き換えに存在の一部を貸し出し中。愛と勇気があっても、特に性格を変えるつもりは無いらしい。

 契約中の悪魔:『トロイの木馬』
 ・情報として存在するが、実体を持たない、いわば同類。
 周囲に思い込ませる事で存在しているノイズと違い、周囲に思い込みを行わせる能力を持たず、
 故に概念として存在するためにノイズと契約を交わしている。

 ・召喚された場合、情報として概念自体にリンク、敵対者の概念を書き変え、肉体を滅ぼしてしまう。

 ・EXスキルは、ノイズの中に蓄積されている情報を利用して、瞬間的に顕現。直接的な攻撃を可能とする。

更新履歴

取得中です。