夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...
夜明け2017卓/学園都市
+...

夜明け2017卓/魔境都市

夜明け2018卓/悪徳の街2 色彩戦線


ラプラス

ラプラス

怪異 属性:無

「――弱いヤツの精神は簡単に壊すことができるのサ」


概要
 「全てを知っており、未来も予見している知性」としてかつての科学者達が作り出した空想。
魔法が発達し、科学の隙間が埋められるに従い独立した怪異と化した。
嗜虐的な快楽主義者。時空と因果率を自在に操る力を持つ。一人称は「ボク」。

かつては強力な力を誇る怪異だったが、科学と魔術が発展した結果生みの親である科学者達によって存在を否定され消滅の危機に瀕していた所を、
フランスから日本へと輸出された巨大な時計に乗り移り、魔力の強い土地である日本へ移り住むことでかろうじて存在を保っていた。
その時計は神楽坂学園時計塔に設置され、彼は怪異としての延命の代わりに学園へと縛りつけられ故郷を失った。

神楽坂学園時計塔の管理人としての顔を併せ持つ。名の無い無害な怪異として図書委員達などからは認識されていたようである。
依頼解決部による異変解決を境に彼が名乗るようになった「ラプラス」という名前の意味を知っている者は学内でもごくわずかである。

容姿
異常に背が高い男の姿を取り、近世ヨーロッパの貴族のような仰々しい服を着ている。
縦長のシルクハットと白い手袋をした手でくるくると回しているステッキが全体としてのシルエットの長さに拍車をかける。
前に垂らした黒髪で顔が半分隠れていて、露出している右目は細い顔立ちとは不釣り合いに大きい。

戦闘スタイル
時空を切り裂き突然現れては、ステッキで殴りつけ空想を具現化させ次元を破壊する。
しかし、その真価は他の怪異に対しての支援能力で発揮される。

+主なスキル
[飛行]
[ヘイスト]
[ヘイスト・アクセラレーション]
[スロウ]
[スロウ・アクセラレーション]
[瞬間移動]
[時間停止]
[亜空間殺法]
[空間歪曲]
[ミラーシェイド]
[ディメンション・ダウナー]
[空想描画]
[強制転移]
[運命改竄]
[リアリティ・ファンタズム]
[時空追放]

依頼解決部との関わり
魔力の弱い故郷でも生きていけるようになることを夢見てに神楽坂学園の生徒を襲いその魂を糧としていたが、依頼解決部の面々によって倒される。
現在はアルトリアの勧めにより、土地神なら自分を故郷へと帰す術を持っているかもしれないという期待を寄せている。

更新履歴

取得中です。