夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...
夜明け2017卓/学園都市
+...
夜明け2017卓/魔境都市
+...

夜明け2018卓/悪徳の街2 色彩戦線

夜明け2018卓/常夏島




天樹詠士

「切り開け、悲劇を断ち切る僕たちだけの運命を!」


『十色探偵』天樹 詠士(Eiji Amagi)

年齢:17 性別:男 種族:混血 身長:171cm 体重:62kg PL:ろこ
クラス:魔道士/探索者/戦士/魔法芸術家/探偵/魔法戦士
色:  宝石:オーロラオーラ
イメージ:最原終一(ニューダンガンロンパV3)
キャラクターシート





イメージBGM:少年A


「僕の運命は……僕自身が決める!」



外見
黒い帽子と学生服に身を包んだ少年。
帽子は常に目深に被っていて、表情を伺いにくい。
よく緊張した顔を浮かべ、頼りない雰囲気を見せているが、
いざというときは強く相手の目を見る一面も。

人格
大人しい雰囲気で、頼りない性格をしている。
探偵と言う割にはややオドオドしたところがある。
生真面目な性格であり、相手の言動には振り回されがち。

ただし、探偵として相手のために行動する気持ちは本物で、
自分の意思を通す時は必ず通すことができる人間。

普段は穏やかで人当たりも悪くないが、
自分の悩み事を相談できず秘めてしまう傾向にある。

来歴
父親も普通の会社務め、母親も魔族出身ながら普通の主婦。
ただ、叔父が探偵で、幼少期は探偵をヒーローのように思っていた。
そのため、高校生になってからはアルバイトとして探偵見習いをしていた。

【時空異変】の1年前、探偵見習いとしての活動中に魔法の力を得る。
偶然出会ったとある魔法使いから、魔法使いとしての基礎、探偵としての技能を学んだ彼は
目的のため悪徳の街へと出向く。

普段は『御久保探偵事務所』のアルバイトとして働く傍ら一人で生活している。
探偵としてはまだまだ未熟だが、ひたむきな態度で依頼を解決しようと奮闘している。

戦いを潜り抜ける中で、自らの道を定め『十色探偵』と成った。

プロフィール
誕生日 10月11日
血液型 A型
好きなもの 探偵小説
嫌いなもの 占い

+...
天樹詠士は10人の魔法使いの力を呼び出すことができる。
その力は様々な色を持った武器として現出され、彼の力として行使、敵を打ち倒す。

10人の魔法使いは長らく歴史上から消失していたが、
現在は全員元の時代・世界に戻っている。

+『運命の樹』
彼が手に入れた力は生命の樹をモチーフとした10色の力である。
元来はどこかの世界で生み出された機構によるものであり、
特定の魔法使いを存在事封印し、力を抽出して与えていた。
現在は天樹自身の能力として吸収され、自由に行使できる。

+第一の白『風雷』

吹き荒れよ、轟く青春の白き風よ

青春を生きる風雷の鬼人、鬼宿湊の力を呼び出す。
風と雷を司る双剣を呼び出し、二振りで雷雲を呼び起こす。

「行くぜ行くぜぇ!俺の!必殺!」


+第二の灰『目録』

示せ、叡智を司る灰色の栞を

あらゆる書物を知る書生、枝折翔一の力を呼び出す。
万物を記した本を呼び出し、相手に効果的な魔法を選択、威力を増幅させる。

「…………」 禁書『ペンは剣よりも強し』


+第三の黒『描出』

描き出せ、物語織り交じる黒き夜空を

物語に生きる漫画家、蠍火詩希の力を呼び出す。
絵画と蠍に彩られた絵筆の槍を呼び出し、場を望みの世界へと変える。

「参りましょう、舞台に現れ君と僕と世界を満たせ!」

+第四の青『音女』

奏でよ、希望誘う青き音色を

元気な歌をお届けする軽音ガール、サファイア・ヴィルギニス=アルミナの力を呼び出す。
宝石のような音符でデコられた楽器を呼び出し、音の力で術者を支える。

「さ!張り切って奏でるよー!」

+第五の赤『臥龍』

焼き尽くせ、赤き竜炎を纏いし闘魂よ

大切なチームのために闘志を燃やしたスポーツ少女、王河凌の力を呼び出す。
熱き感情をボールの印に込めたラケットは形を変え、己の闘志を示す。

「行くよ!このチームで勝利をつかむために!」

+第六の黄『慈愛』

降り注げ、絆を紡ぐ黄金の愛情よ

愛されるため生まれてきた人造天使、ノイ・ヴァイス・アインケルツェの力を呼び出す。
全てを引き裂く力の象徴たる斧は、あらゆる罪を裁いて砕く。

「おっけーおっけー、愛があればー、きっとうまくいくからねー!」

+第七の緑『破天』

吟じろ、古きを詠う緑の調べを

型破りな琵琶法師、市樺千歌の力を呼び出す。
和の模様をした盾は、すべての攻撃を弾き吸収する。

「この音色こそ、皆の力です!」

+第八の橙『舞踏』

舞い踊れ、大地を駆ける橙の閃光よ

自己と向き合う道を選んだ少年、六道鋼鈴の力を呼び出す。
素早い動きから繰り出される剣筋は、かまいたちのように鋭く、華麗に舞う。

「OK!Let's get down!」

+第九の紫『天川』

射抜け、紫空も凍てつく天の川を

煉獄との戦いも乗り越えた暗殺者、凍川針太郎の力を呼び出す。
天の川のように輝く弓から放つ矢は、正確無比に敵を射抜く一筋の彗星のよう。

「容赦はしない、この一撃が全てだ!」

+第十の虹『継色』

祈れ、受け継がれし虹を紡ぐ流れ星を

姉たちから愛情と思い、そして力を受け継いで戦った少女、スミレ・プリエール=アルカンシェルの力を呼び出す。
虹色の星々が照らす杖から迸る魔法は、色とりどりの願いを乗せて強大な魔法をも凌駕する。

「これがスミレとお姉ちゃんたちの、みんなの全力!」

+第零の銀『時代』
10人の魔法使いの力を経て作り出した、天樹詠士自身の力そのもの。
理不尽な運命を否定し、未来への道筋を照らし出す銀の銃弾。


+『師匠』

蕪姫(Kabuki)

年齢:24 職業:忍者 性別:女
色:藤色 宝石:アメジスト

「拙者は忍、常に任務のために動く者だ」

イメージBGM:妖艶なる舞~タマミツネ
「草凪」とも呼ばれるくノ一。本名は「宮本すずな」。
神出鬼没の存在で、和服に身を包んでいる。
5年前、【モノクロ】の【6番】の依頼を受け、悪徳の街で活動をしていた。

非常に優れた情報収集能力と素早い身のこなしが特徴。
天樹とは関東地方で出会い、力を求める彼の依頼により魔法の訓練を行った。
彼に魔法の手ほどきを教えた後は姿を隠して【悪徳の街】に身を置いている。
現在は【モノクロ】連絡員「宮本すずな」と【モノクロ】魔法使い「蕪姫」の二つの顔を使い分けて活動している。

彼女が今回受けている依頼は二つ。
一つ目は【フレーム】からの【パレット】参加、二つ目は詠士の叔父から受けた、「天樹詠士を護衛する」ことである。

+『自称ライバル』

天 征子(あまつ せいこ/Seiko Amatsu)

年齢:17 職業:高校生 性別:女

「オレ様は天征子!この悪徳の街でも覇王となる存在だ、よーく覚えておけ!」

【漂流者】として悪徳の街にやってきた女子高生。
男勝りな性格と口調で、並外れた才能を持つスポーツ少女でもある。
突然知らない街に迷い込んだが、周囲に溢れる実力者との戦いを存分に楽しんでいる。

特に漂流して間もなく出会った蕪姫に目をつけ、もっぱら彼女の行方を捜しては『試合』を挑んでいる。
現在はその正体も知らないまま宮本すずなのルームメイトとして生活中。

+『協力者』

宮本 すずな(Suzuna Miyamoto)

年齢:24 職業:不明 性別:女
イメージ:読子・リードマン(R.O.D -READ OR DIE-)

「みなさん注目ー、今日はこの依頼をですねー、ずばり解決してもらいますよー!」


【パレット】の連絡員を務める女性。おっとりとした雰囲気かつのんびりとした口調で話す。
日課のようによく転び、ドジそうな印象を与える。

だがその実態は悪徳の街でも有数の情報通で街中の事情には詳しいらしい。
普段は管理区で事務仕事の傍ら情報収集をしているとのこと。

天樹に対しては【パレット】の仕事以外でも、たびたび探偵の仕事で情報屋として手伝いをしている。
よく彼女の提供する情報には助けられているので天樹は彼女に頭があがらないらしい。

モットーは「もらった仕事はちゃんとやる」。

その正体はかつて「蕪姫」として悪徳の街に滞在していた女忍者である。


+『所長』

御久保 朋弥(Tomoya Mikubo)

年齢:34 職業:探偵 性別:男
イメージ:鳴海(デビルサマナー葛葉ライドウシリーズ)

「さぁさぁ見習い君!今日はこの辺の依頼をぱぱーっと解決しといてね♪」


御久保探偵事務所所長を経営する私立探偵。
天樹の叔父の紹介により、彼をアルバイトとして雇っている。
軽薄な雰囲気かつだらしないところがあり、よく雑多な依頼を天樹に丸投げしている。

もっとも、本人も普段からあらゆる依頼のためあちこちに足を運び、
かつ依頼人にまつわるトラブルもなんとか交渉して解決に導いているあたり無能ではないらしい。
【パレット】のことはよく知らず、天樹の活動も単なる魔法使いとしての依頼解決業務だとしか思っていないようだ。

実は蕪姫の協力者であり、天樹の監視役として一足先に悪徳の街に滞在していた男。
蕪姫の事は『姫』と呼んでいるらしいが、人前で呼ばれるのを嫌がられている。


+『運命』
天樹詠士は『運命の樹』を授かるにあたり、以下の未来を見ている。

  • 北の街に時空を超えた異変が発生する
  • 近隣で火災が発生する
  • ある身近な人物に危険が迫る
  • 天樹詠士が「答え」にたどり着けずに死ぬ


+参加セッション

+友人関係

「行くよ、僕はこれで真実に立ち向かう!」


PickUp

エクスカリバーを用いた二刀流物魔アタッカー。
敵の攻撃を捌き切ったうえで、呼び出した武器で物理攻撃・魔法攻撃を行い制圧する戦法を得意とする。
探偵としての技量も本物でミドルでは探索・罠探知に重宝する。
情報収集も大の得意。

更新履歴

取得中です。