Booz Allen Hamilton


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日: 2008年10月25日 (土) 01時22分55秒
国名 アメリカ
設立 1914年/1983年(日本)
従業員数 約18,000人(うち国内約100人)
URL http://www.boozallen.jp/

基礎知識

エドウィン・G・ブーズによって設立されたファーム。

国内の存在感は薄いが海外では強い。
アメリカではITコン・軍事コンというイメージが強く、NASAをコンサルしているとも言われる。
また、公官庁系のコンサルティングに強みがあり、その特徴は日本でも見受けられる。

世界的には戦略コンサルティングファーム4位
ITコンサルティングファーム1位の実力を持つ。

しかし、日本では苦戦を強いられており
2002年、日本事務所を大幅に縮小し、事実上の撤退を行なった。
翌2003年には、ITコンサルであるGCジャパン・インク
(旧ジェミニ・コンサルティング・ジャパン)と経営統合を行なう。
これによって、それまで国内において戦略のみのファームから
実行までを支援できるファームに変革した。

戦略、オペレーション、情報システムに関するコンサルティングで
日本での再チャレンジを狙う。

2008年にブーズ・アレン・ハミルトンの民間企業・国際事業部門の経営陣が「ブーズ・アンド・カンパニー」を発足。
世界の民間企業と、米国政府以外の公共機関への経営コンサルティングを提供する。

採用選考

筆記試験は時間も十分でやたらと簡単。
次のGDで大分絞っている模様で、グループ全滅もよくあるとの噂。
個人面接の回数がやたらと多い。
注:他に志望しているファームを聞かれ
「そこだけは止めた方がいい」
と諭されるので鵜呑みにしないように
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。