塚田攻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

塚田功 つかだおさむ

塚田 攻(つかだ おさむ、1886年7月14日 - 1942年12月18日)は、大日本帝国陸軍軍人。茨城県出身。陸士19期、陸大26期。


経歴

1907年5月 陸軍士官学校卒(19期)
1907年12月 歩兵少尉、歩兵第3連隊附
1910年11月 歩兵中尉
1914年11月 陸軍大学校卒(26期)
1916年2月 軍務局附勤務
1917年8月 歩兵大尉、軍務局課員
1918年7月 関東都督府参謀
1919年4月 関東軍参謀
1920年7月 参謀本部員(作戦課)
1921年10-11月 浦塩派遣軍参謀付
1922年8月 歩兵少佐
1923年11月 参謀本部附(陸軍大学校専攻学生)
1924年12月 陸軍大学校教官
1925年2月~26年11月 欧米出張
1927年5月 歩兵中佐
1927年7月 歩兵第68連隊附
1928年8月 参謀本部作戦班長兼軍令部参謀
1931年3月 歩兵大佐、台湾歩兵第2連隊長
1932年2月 歩兵学校教官
1932年6月 兵務課長
1933年8月 関東軍第1課長
1935年3月 陸軍大学校教官
1935年8月 少将
1935年9月 参謀本部第3部長
1937年12月 参謀本部付
1937年12月 中支那方面軍 参謀長
1938年3月 陸軍大学校 校長
1938年7月 中将
1938年12月 第8師団長
1940年10月 参謀本部付
1940年11月 参謀本部次長
1941年11月 南方軍総参謀長
1942年7月 第11軍司令官
1942年12月 飛行機事故により安徽省で戦死・大将進級


資料

  • 『原元録 陸軍大将塚田攻遺稿』 塚田攻 偕行社 (偕行文庫)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。