cGMP


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

cGMPは動物細胞の中の2番目の重要なメッセンジャー。その機能はcAMPのものと同様に、明確に知られてはいないけれど。cGMPはグアニリルシクラーゼによってGTPから形成されて、ホスホジエステラーゼよってGMPに分解される。
(本章で以前に検討したことではあるが?)グアニリルシクラーゼは酸化窒素と一酸化炭素、およびペプチドリガンドによって活性化する。 これらのグアニリルシクラーゼの刺激は、生物反応によって伝えられ、cGMPのレベルを高めることを誘導する。血管肥大みたいに。
cGMPの反応は、依存するプロテインキナーゼの活性化によって頻繁に伝えられる。cGMPはイオン・チャネルを含んでいて、他の目標を調節するために反応することさえあるけれど。


cGMPの最も特徴的な役割が脊椎動物の目にある。

視覚信号を変換する
2番目のメッセンジャーが
      • 光を得て?

網膜の桿体細胞の中の光受容器はロドプシンと呼ばれるGタンパク質共役型受容体。 ロドプシンが、活性である、その時、小さい分子による?
網膜の光の吸収、??ロドプシンタンパク質における構造変化を引き起こす。 次に、ロドプシンはGタンパク質なんとか、を動かす。
そして、なんとか、のAサブユニットはcGMPホスホジエステラーゼの活動を刺激、cGMPの細胞内のレベル?の低下によって
網膜の桿体細胞の中のcGMPレベルによるこの変化は、細胞膜の中のイオン・チャネルでcGMPの効果によって、神経の興奮に変化される。においを感じるときのcAMPの機能と同様。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。