※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンター・タイプと育成


各タイプの考察と育成について。



各ステータスタイプ詳細


二極(DEX-AGI、DEX≧AGI>INT)

通常攻撃の威力とスピードを追及したタイプです。
補正込みDEX140が基準で、DEX99+DEX装備でソロ150達成も可能。(アーバレスト必須)
ソロでは通常攻撃がメインとなり、やや単調になります。
スキル(主にDS)を多少使えるようにINTを少し振った二極崩れと呼ばれるタイプも人気。

参考ステータス:DEX140、素AGI90~カンスト、INT初期値~補正込み18程度

◆長所
  • 高DEXによる高い攻撃力と命中率を両立でき、後衛火力として優秀。
  • 高ASPDのため足の遅い敵なら近寄る前に倒せます。
  • 通常攻撃が多くなるので、属性レベルの高いやわらかいmobが得意。
  • SP消費財を惜しまなければ最大火力をたたき出せる為、対ボスなどではとても強くなります。
  • 高回避・高hitのためソロで色んなところにいけます。

◆短所
  • SPが低めのため、スキルを連発するとすぐ息切れします。
  • 通常攻撃中心になるため、矢の消費が激しく狩りはやや単調になります。
  • ハンター時代にソロでDEX150を達成するには、アーバレスト・矢りんご・望遠鏡・タイツ・ニングロ*2とかなり装備が制限されます。
  • がんばって150にしても通常攻撃メインなら1~2発変わるかどうかなので、140調節にして他ステや装備にゆとりを持たせた方がよい場合もあります。


量産型(DEX>AGI>INT-LUK)

二極からAGIを多少削り、その分をINTやLUKに振り、多少スキルや鷹も実用範囲にしたタイプ。
多くのハンター使いさん達から支持されている型であり、遊びの幅が広いので人気のタイプのひとつです。
参考ステータス:DEX140、AGI80~90、INT・LUK20~30程度

◆長所
  • 二極の特徴をほぼ引き継いだ感じになります。
  • そこそこスキルも使え、そこそこ鷹も飛んでくれるので、いろいろやってみたい方におすすめ。
  • ソロでもPTでもいろんな場所へ狩りへ行け、安定した活躍が出来ます。
  • ソロ時の一体あたりの殲滅速度はかなり早くなります。経験値効率はトップクラス。

◆短所
  • ASPDや回避能力は二極にやや劣ります。
  • 高火力を出すには特化弓やニングロなどの装備・相手の属性に合わせた属性矢の装備などのテクニックが必要です。


弓鷹(AGI>DEX>LUK-INTなど)

弓による攻撃力をある程度確保しつつ、鷹による自動ブリッツビートを重視したタイプ。
参考ステータス:AGI99、補正込みDEX70~100程度、LUKとINTはお好みで(30~50程度?)

◆長所
  • 鷹がけっこう飛ぶため、二極などが苦手なDEFの高い敵にも対応できます。グロリアをもらうとかなりのもの。
  • 弓を使ってもそこそこ強いためPTでもそこそこ活躍できます。
  • LUKが高いためクリティカル率・ダメージ共に期待できます。
  • 弓手セットがもっとも効力を発揮するタイプかもしれません。

◆短所
  • 鷹を飛ばすためには通常攻撃メインになるため、矢の消費が激しくなります。
  • 鷹は強制無属性のため、念MOBは苦手です。
(詳細は追加予定)


鷹師(AGI>LUK>INT≧DEXなど)

弓を捨て、鷹に生きるタイプ。
オートブリッツの発動率を上げるためにAGIカンスト・高LUKと同時に、当てるための最低限DEXと鷹のダメージ確保のためINTが必要になります。
参考ステータス:AGI99、LUK60~90、INT30~50、DEX補正込み50~70程度

◆長所
  • 全タイプ中もっとも飛びまくる鷹の姿が最大の魅力。鷹のダメージは固定のため高DEFの相手が得意です。
  • INTが高めの場合は手動ブリッツや罠もある程度使えます。ただしDEXが低いのでダメージはそれほどれもありません。
  • 高Fleeに加え完全回避も高いため、避けるのは得意です。
  • ヴェナートc(AGI分LUK上昇)が有効に使えるタイプです。

◆短所
  • 弓はほんとに飾り。鷹が主役のため、安定性に欠けます。いくら高LUKでも飛ばないときは飛んでくれません。
  • ハンターに転職し、JOB41以降にならないと鷹がまともにダメージを与えてくれないため、序盤~中盤は辛いです。
  • ひたすら通常攻撃になり、しかもDEXがないのでダメージは低くなり、矢の減りは全ステタイプ中TOPクラスです。
  • DEXをあまり上げない場合はマミーc挿し弓など当てるための工夫が必要。
  • クリティカル装備にしてもDEXが低いのでクリダメもたいしたことありません。
  • SPは豊富ですが集中くらいしか使わないので余ってしまいがちです。


DS型(DEX>INT≧AGIなど)

二極からさらにAGIを削り、DS(ダブルストレイフィング)をメインとして使える程度のINTに振ったタイプです。
DEX130~140>INT60~80>残りAGI、がひとつの目安。

◆長所
  • 属性の通る敵に強く、ヒルクリやQMCの回復量も多いのが特徴。
  • PTでマニピをもらえば常時DSも可能。
  • 低レベルから高ダメージだ出せる反面、後半は二極や二極崩れとあまり変わらなくなります。早熟型。
  • 罠のダメージもそこそこ出せるため、ペア時には罠を使うのもおもしろいかも。

◆短所
  • AGIはASPD目的のため回避能力は劣ります。MHに注意。
  • 上級Dでは回復アイテムなどが必須。
  • 常にDS(瞬間最大火力)で戦うため、それ以上の威力が出せません。
  • DSや属性が効きづらい高DEFの無属性(リビオ・アラームなど)が苦手。


罠師(INT>AGI>DEX、DEX≧INTなどいろいろ)

罠をメインの攻撃手段としたタイプ。弓はあくまでも位置調節などの手段。
罠の攻撃力はINTとDEXのため高INT、ソロ時は敵を抱える必要がある為AGIやVITも必要。
直置きが出来ない、アローシャワーでの挙動、巻き込み範囲・発動範囲・射程などの幅広い知識と1セル単位での瞬間的な判断力が中の人に求められます。

◆長所
  • 敵をうまくまとめたときの高火力は圧巻。取り巻きを巻き込めばボスも短時間で倒せます。
  • INTが高いためヒルクリが使いこなせます。
  • 武器は正直ハンターボウで十分な為、特化弓を買うお金が節約できます。

◆短所
  • 罠代がかかりまくります。罠オンリーの狩りなら30分で100個以上は使います。
  • 上手く置いたつもりでも位置ずれなどによって発生しない・打ちもらしがあったりするため、安定性に欠けます。
  • PT時はメンバーの理解が必要だったり、メンバー自体が邪魔で罠が置けないなど、なかなか難しいです。
  • 罠設置もアローシャワーもSPをけっこう使うため、気づくとSPが枯渇していることも。
  • ソロで多く巻き込むには敵を抱えないといけないので被弾必須。


短剣型(AGI>STR>DEX)

弓を捨て、短剣に生きるタイプ。
数ある職業・タイプの中でもかなりロマン度の強いタイプです。
基本的にはAGI型前衛と同じステ・動きとなります。

◆長所
  • 盾(主にガード)が持てるので安定性が高まります。
  • アンクル1マス空け置きによって、ほとんど被弾せず戦うことが可能です。
  • 各種罠・手動ブリッツなどは補助的に役立ちます。

◆短所
  • 修練がないので高STRでもダメージは低くなります。ビーストベインが唯一のブーストスキルのため動物と昆虫が永遠の相手。
  • 短剣では鷹は飛びません。
  • DS、AS、自動鷹、長射程などの弓手の特徴はすべて捨てるため、ただ「ハンターが短剣で攻撃する姿が好きだ」という以外にはオススメできません。


FA型(INT>DEXなど)

スナイパースキル・ファルコンアサルトのダメージを追求した転生職限定タイプ。
鷹のダメージ×5を遠距離からDEF無視必中で与えるので、LA1確などが出来ると効率が飛躍的にアップします。
FAの威力と大きな消費SPのためにINTを多く振ります。
半FA師としてDEX>AGI-INTなどもあり。

◆長所
  • FAしか使わないのであれば盾がもてます。
  • 相手のDEFに関係ないダメージなので、硬い敵がらくらく倒せます。
  • 育成途中にもDSはそこそこ使えるため、ソロ育成もそれほど困難ではありません。
  • 罠師としても動けます。

◆短所
  • FAはディレイが大きく、SP消費も大きいため、ソロで狩れる狩場は限られます。ペア推奨。
  • AGIもVITもないため、避けられず紙装甲です。
  • 無詠唱でない場合は一発で倒さないとタゲをもらってしまう為、PT時には注意が必要です。


対人型(DEX>VIT>INTなど)

Gvなどでの運用を目的としたタイプ。
状態異常弓でのアローシャワーによるいやがらせ、罠のばら撒きなどが主な役割。
ブラギに乗って無詠唱#やFA連打などで火力としてもそこそこです。
参考ステータス:DEX150>VIT60~80>INT残り

◆長所
  • 完成すればHPは10kを超え、タラ・イミュン・ベレー装備ならけっこうな耐久力です。
  • 属性短剣を持ってFAすればイミュンは貫通できます。

◆短所
  • 鯖のGv事情が一般的なものとかなり異なるため、活躍の機会は防衛時に限られそう。
  • STRがないと回復剤が持てません。
  • 弓と盾の持ち替えが必須。


育成


弓型(二極・量産)

序盤~転職

資産がない場合、アーチャー時代は転職時にもらうボウでがんばりましょう。
適当にポリン島やピラミッドD1Fでファミリアーを撃っていればBase18くらいにはすぐなります。
もしあれば何か適当な短剣(☆3マインやスティレットなど)を使うのもお勧め。

ステータスについてはしばらく(Base50~60くらいまで)DEX先行が楽。
スキルはDSを3~5→ふくろうの目3→ワシの目10→DS10→ふくろう10→集中10→残りアローシャワー、という順序がオススメです。
ワシの目とDS10は前後したり平行して上げてもよいかと思います。

18になったらクロスボウが装備でき、攻撃力はかなりあがります。
ポポリンもおいしく倒せることでしょう。
33になればアーバレストや角弓が装備できます。店売りを転職までと割り切って買うのもいいでしょう。

ポポリンがおいしくなくなってきたら、火矢を持ってフェイヨン↓↓のウルフを狩ります。
HPの割りに経験値が高いので楽々40~50くらいまであがります。
ただしウルフはリンクするので、木の陰から大量に集まってきたりするので要注意。

多少自信がある、あるいは装備があるなら、35前後から火矢を持って龍の城フィールドデビューもオススメ。
土精さんはまだきついのでそれ以外を倒します。
キャラメル・アナコンダク・ビッグフット、そしてマンティスどれも弓なら倒しやすいです。

DEX先行ならBase50位で、AGIもちょっと上げていたらDEX60程度になるころに、土精さんも倒せるようになります。
経験値がとても多いのでどんどんレベルが上がります。
ちなみにハンターに転職するJOBレベルはアローシャワーをどこまで取るかによります。(他のスキルは10推奨)
アローシャワーは罠や敵を動かすためと割り切ってAS1止めの42転職、ATK倍率100%のAS5を取る46転職、せっかくだから9までとって50転職などあります。
しかし50で転職してもハンターボウがもらえるだけなので、早めの転職がオススメです。

ハンター転職~発光まで

ハンターになったらSPが多くなるので集中力向上を常時使うことも可能になります。
転職時もらわなかった場合はとりあえずハンターボウを買いましょう。
極端な話これ一本で転生も不可能ではありません。それほど優秀な汎用弓です。
できれば+7程度の過剰品が欲しいところですが、+5でも十分。

レベルが上がって来ると特化弓とのダメージ差が大きくなるため、できれば特化弓をそろえたいところです。
まずは幅広く使えるサイズ特化弓。中型と大型のアーバレストか角弓があればその先ずっと使えます。
むしろ鯖事情を考えると、種族特化などを無理して揃える必要はそれほどありません。

あとはAGI型の憧れ・ウィスパーcあるいはカヴァク・イカルスc挿しマフラーや、ソヒーc/エギラc/ベリットc挿し靴などがあるとより狩りが楽になります。
PTで高レベルDへ行く際には属性服やイミュンマフラーもほしいですが、余裕があったら揃えましょう。

あとは高いDEXと高ASPDによる殲滅力でがんがん稼げます。


弓鷹・鷹師

序盤~転職

鷹を使う鷹師や弓鷹の場合、早めに最終DEXをどこまで上げるか考えたステータス振りが不可欠になります。
弓鷹なら補正込み70~100、鷹師なら初期値~70くらいと幅があるので、好みに合わせて決めておきましょう。

しばらくはその目的DEXまでDEX先行で育てます。鷹師ならごく序盤に達成してしまうと思います。
それ以降はひたすらAGIに振ります。

DEX先行の二極にくらべて威力が低いため無理はできません。
こつこつとポポリンやウルフ、土精のザコなどでがんばりましょう。

弓鷹ならしばらくすれば土精さんが倒せるようになると思うので、その後は土精で転職まで。
鷹師志望の場合土精さんは多少厳しいため、hitにもよりますが追い込みはおもちゃ工場などがオススメ。

ハンター転職~発光まで

ハンターになってもしばらくは我慢の時代が続きます。
鷹を手に入れてもJOB41までは5段攻撃にならないため、まだずっとAGIへ振り続けます。
AGIが目標値になったらLUKとINTを上げていきましょう。
弓の威力も低く、鷹も飛ばない70~80くらいは本当にきついですが、鷹が飛び交う姿を夢見つつ乗り越えてください。

Base80くらいになればAGIは完成し、LUKやINTにも振れるころだと思います。
LUK装備で固めればそこそこ鷹が飛んでくれることでしょう。
あとは自分の目標値までINTとLUKを振っていってください。

Base90以降は完成された鷹師のハデさを存分に味わいつつ、亀・デーモンパンクなどカタい敵を鷹と共に倒しまくりましょう。
鷹師が本当に楽しくなるのはこのあたりからです。長いオーラへの道もきっと楽しいものとなるでしょう。
あなたには鷹がいるのですから。

ちなみに弓鷹ならもっと楽だと思われますが、弓鷹最大の敵は矢の消費量。
弓の攻撃も重要なダメージソースとなるため、やはり属性矢を使いたいところ。
入手が多少めんどうな風矢などはあっというまになくなってしまうので注意。
売っている炎の矢や銀矢中心で狩りに行くのも手です。

鷹師の場合、弓のダメージはどうでもいいため矢はなんでもOKです。普通の「矢」でもOK。ただし属性相性で0%だとミスになって鷹が飛ばないため注意。


罠師・DS師

序盤~転職

両方ともある程度DEX先行で育てられるため、転職までは二極に準じた育成で問題ありません。

ハンター転職~発光まで

罠師はINTを、DS師はINTとDEXをそれぞれ延ばして行きます。

罠師の場合、ソロでは罠をうまく使うか敵をたくさん抱えるかしないと罠狩りは無理があります。アンクルで敵をまとめる方法などに慣れるまではDS中心に狩った方がよいでしょう。
PTやペアで相性のいいのは、敵を抱えられるVITプリさんやヒール持ちのクルセさんなど。
敵を集めたところにブラストやクレイモアをASで打ち込み、巻き込み倍加で一気に倒します。

DS師の場合、ソロもPTもDSメインでいきます。
罠師もそうですが、どちらもAGIが低めで回避能力はないため、ソロでは足の遅い・倒しやすい敵を選んで行きましょう。
オススメは調印族・土精・窓手・オットーなど。


短剣型

序盤~転職まで

罠も有効なアクティブスキルもない為、通常攻撃しかできません。そのため無理は禁物。
ポリン島・ピラ1F→ポポリン→ウルフ→おもちゃあたりがおすすめ。
アローシャワーは要らないため41で転職してもいいと思います。
そのため転職までは思ったほどきつくないかもしれません。

ハンター転職~発光まで

まずは必須ともいえるテクニック・アンクル1ます空け置きをマスターしましょう。
短剣の射程は2、多くのMOBの射程は1ということを利用したテクニックです。

まずは敵をアンクルにかけます。

 □自→□■□敵<ガッ□□

アンクルにかかっている敵に対し、■の位置でいったん止まってから攻撃をすることにより、アンクルが続く限り射程2から一方的に攻撃ができます。
アンクルレベル5の有効時間は基本20秒であり、対象のAGI*0.1秒基本時間から減りますが、3秒+(設置者のBaseLv-20)*0.05秒の最低拘束時間があります。
アンクル1つの間に倒しきることが基本ですが、うまく利用することで回避の足りない相手とも戦うことが出来ます。

これを使い、特化や属性短剣をメインで戦っていきましょう。
また手動ブリッツは唯一の範囲攻撃として重宝します。