アズール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アズール

 公式な記述が今までなかったのが不思議な、アルデバラン家現当主。
 常に冷気を灯した身体はいつでも少しひんやりしているが、熱に弱いわけではない。青い髪の青年。
 広大なアルデバランの館をシノや数名の血族・関係者と共に暮らし、束ねている。
 趣味は意外にもお菓子作りとか。マシュマロなんかが一部には好評なようでよく作るらしいです。

 本来であれば主人とメイドの立場に相当しそうなシノと、色々と親密な関係になっている。
 彼女の持つ蒼いリボンも、彼がそれに自分の力を充填することで彼女が冷気を行使できるように図ったものである。
 事実婚だと言われても彼は否定しないでしょう、きっと。

 出生というか、現状までの説明が非常にややこしく、元はポケモンとして生まれた存在。
 それが様々な実験を経て、人間の身体へと人格を移し、紆余曲折あって別のポケモンと某マサキみたくくっついたという流れ。
 そのため、ゾロアークとしての幻影を操る能力とグレイシアとしての冷気を操る能力を併せ持つ。
 しかし、どれも特化しているわけではないのでそれぞれは本業本職の方々には及ばないが、その複合技は強力なもの。
 また、くっついたグレイシアの身体にも自由自在に変化できる。
 ところがこの件がきっかけで、ポケモンとして捨てられた側には恨まれることになったが。


 一族の関係者がまるで元から存在していなかったが如く消えていく、そんな不可思議な神隠しにいち早く気付いた人物。
 その存在も狙われることとなったが、奇しくも自分の影に結果として助けられることとなった。
 そして彼は動き出す。これ以上失わないために、失ってしまったものを取り戻すために。


 keyword:幻影使い,冷気使い,人獣自在,お世話好き,料理上手
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。