ロアリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆Loah.qK.Uk

名前:セフィラ (旧名・ロアリス)
詳細
ブラッキーのハーフで、性別は「体」が雌で「精神」が雄。
「記憶」は半分半分といったところで、ある種バランスが取れている。

ハーフは後天的な物。
管理番号である「B 211-53」と書かれたタグが右耳についている。
…関係ないかもしれないけれど、耳は弱点。
触られるとぼそぼそ言って気持ち悪いらしいけど、本当の所は…?

施設に居た頃から、空いていた時間を潰すためによく与えられた本を読んでいたことが影響してか、本が好き。
脱走してからはもっぱら雑誌や漫画など、楽しい本を読むことにしているらしい。

…のだが、昔は古本屋など立ち読みでしか本の読む機会がなかったせいか、
古い漫画雑誌などを読む機会のほうが多かったために変な漫画に詳しい。
逆にメジャーな漫画はあんまり知らないらしい。

前述の通り、被験体として長い間研究所で過ごしていた為、
体中にその痕が残っている…と本人は語っていた。
実際そういった傷もあるのだが、彼女の体に残るアザや傷跡のようなものは病による腫瘍の跡。
他人に感染る病気ではなく、現在再発する様子も無いようだ。
時間とともに少しずつその痕は消えているけれど、今でもまだその殆どははっきりと残っている。

どことなく中性的な顔立ち、尚且つ髪はショートのため遠めだと性別が判断しにくい。
体つきは女の子っぽい…けど、胸がない。 全然ない。

昔は皮肉屋な男の子っぽい性格だったけど、
今ではすっかり女の子っぽくなっちゃいました。

たまーに生物学、人体力学などの分野において博識であるところを見せ付けてくれるらしい。
…が、その割人としての常識が抜けていたりする。

ブラッキーであるものの夜目が効かず、くらいところは苦手。

その上カナヅチ。
猫らしいというか、なんと言うか。
水浴びやお風呂は嫌いじゃないけど、自分の足が届かない深さの水辺には震え上がって入ろうともしない。
もっと言えば、足の届く深さでも恐怖で体が縮こまってしまっていれば、身長の半分ほどの水辺でも普通に溺れられるほどの水中嫌い。


誰かが怪我をした時、軽度の怪我であれば傷口に彼女の血液を一滴落とすだけで、傷口が次第に乾き始め、1時間もすれば怪我をする前の皮膚に戻る。
これはセフィラの体が傷ついても治りやすいということではなく、彼女の血を他人の傷に触れさせた時のみ。
そんな特殊な血液をしているからか、血液型は測定不能。
どの血液とも一致しないが、誰の体にも拒絶されない。

スキル
[博識(人体):A][カナヅチ][反射神経:A][車両嫌い][薬剤耐性]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。