センゴク星

アムステラが支配する属星の一つ。
ヒューマ族(人型)・獣人族(獣型)の2種族が共存している惑星。

同盟という名の下の植民地ではあるが、星内の自治は認められており、
現在は獣人族のカメジロウ・タケダリンクが王となっている。

遥か400年前よりアムステラの支配下にあるため、その交流の歴史は深い。
中には星の垣根を越え、アムステラの軍人として活躍するセンゴク人さえいる程。(その逆もしかり)

文化や風土は、日本の戦国時代と明治時代をごった煮にしたような感じ。
アムステラと同じく階級社会があり、華族(アムステラの貴族に相当)と平民に分かれている。


関連項目