【概要】
2012年02月下旬に急遽、セルフィレストラン(mixi)とコーデ×コーデ(mixi,本家)が同年3月下旬の終了が告げられる。

【対応】
本家コーデ×コーデを期間中にプレイしたらインテリアアイテム4個を配布のみ

【考察】
利益の出にくいアプリを補填なしで終了させる。
直前まで、キャンペーンやら課金誘導していたのに突然の終了で課金してインテリア等を集めた人は涙目。

問題点として、こういうアプリでセルフィのアイテムと連動させずに単体でのアプリであった為に
プレイユーザー数が増えず(1人当たりの課金額はあまり増えずに分散されるだけ)利益率が低いので
開発費(デザイン料+運営料)が割りにあわなくなったのだと考察される。

【今後の予想】
本家のセルフィレストランもいつ終了するのかわからない。
 アバター物はいつ終了するのかわからないので後悔しないように、いつ終了するか分からない
 セルフィレストランに課金するのはやめた方がいい。
また魔法の森の大冒険もいつ終了するのか分からないので、課金は慎重に。

運営もアホだと思う。レベルやランクを上げる度にセルフィ衣装を配布するようにすれば
それ目当てでプレイする人数は増える。増えた人数に対して課金誘導をすれば数%の利益は
十分見込めるが、他アプリやセルフィのイベントでプレイユーザーが減る中でそのアプリでの
アイテムに拘った結果収益が予想より見込めず終了と。

課金したユーザーが突然【終了】という形で手に入れた課金アイテムを無に帰されたことにより
運営会社への不信(課金してもいつ終了されるかわからない事)によって今後の収益にも影響を与えるだろう。
ユーザー軽視の運営では、ユーザーが離れるのは致し方ないと考える。

更新ペースを落として、ボチボチと餌を与えておけばいいものを。