※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディレイハウアークスver2




スキル振りの一例

スキル レベル スキルレベル
リフレッシュ 1~15 1~15
QT 16~38 1~23
インタングルアロー 39~63 1~25
ウィンディステップ 64 1
レビジュネーション 65~90 1~25
ハウリング 91~115 1~25
キャスティングディレイ 116~ 1~(自分の装備で調整)
ウィンディコントロール 116~ 1~
アンチエクスプレーション 116~ 1~


ステータス振りの一例

ステ 補正込みでの参考値
EGO 230~270(草の使用度合いによる)
STR なし
INT SPが補正込みで2000~2500(装備で確保推奨、ODのレベルによって調整)
DEX なし
VIT 残り全部



~特徴~

お邪魔、支援AC。

草やキャスティングディレイで相手を困らせる。

お邪魔特化なので、1人では活動できないが、ギルドバトルは出れる。

後半になるとSP消費が大きいので、ODに1振りすると楽になる。

キャステキングディレイの効果が出るようになったので、現在はこちらのほうがアンチより実用的なお邪魔となった。

EGOの調整は草の使用頻度で変更、SP量はODのスキルレベルで変更すればよい。

ver1との違いは、レビジュネーションを先にMAXにすることにより耐久力を上昇させたことである。

ディレイはスキルレベルがあがっても成功率とSP消費量が上昇するだけなので、レベル10~20でも使えるという事情から考案したスキルふりである。

アンチをとった上で、ディレイに1ふりでも便利である。(装備のスキルプラスがいい人向け)

~長所~

ソサ、プリを長時間封じ込めることができる。

ハウリングで自己防衛、他人への支援ができる。

草のダメージが強力なため、やっかいな人は縛ると効果的。


~短所~

高レベルになってからじゃないと実戦であまり活躍できない。

プレイヤースキルがそこそこいる。

~BDでの活動方法~

プリーストは視野内に入ったらすべて封印。

封印もしながら自分へのハウリングにも気を使い、なおかつ他人にもハウリングしてあげることを気遣うことをし、更には草でエレややっかいな殴りを縛るといったことをする。
つまり、非常に幅があるがプレイヤースキルがいるのでうまく使いこなすこと。