※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地図
合戦
合戦場

三方ヶ原

場所

三河-遠江

合戦場候補地

地歴

武田信玄徳川家康との間で、遠江国(静岡県)三方ヶ原台地にて行われた、家康一世一代の難戦。上洛を目指す信玄は遠江に侵入、浜松城に籠もる家康をおびき出すべく、浜松の北に広がる三方ヶ原を横切って通過しようとした。 家康は力の差から戦えば負けると分かり切っていたが、悠々進軍する武田軍を国主のプライドが許さず、玉砕覚悟で戦いを挑んだ。結果は惨たるもので、信長からの援軍を含め完膚無きまでにたたきのめされ、命からがら浜松城へ逃げ帰った。 敗れはしたが、この結果領民や家臣の信頼がより強くなり、家康には大きなプラスとなった戦いであった。なお、信玄は陣中にて病(労咳=肺結核)を得て、上洛を果たせぬまま没した。

その他情報

名前:
コメント: