※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

風魔小太郎 (フウマコタロウ)

レベル

45-7

合戦配置

北条家左先

構成

名前 種類 レベル 初期付与 使用技
風魔小太郎 45 連撃改系、蘇生・壱
浅草寺僧 40
北条玉縄衆 40
伊豆衆新兵 陰陽師 40
鶴ヶ岡弓兵 神主 40
武蔵鍛冶 鍛冶 40
武蔵野薬売り 薬師 40

備考

戦闘台詞

ドロップアイテム

列伝

風魔忍者は早雲からの北条家お抱えの乱波集団である。相模足柄山中を本拠としており、代々その頭目は小太郎を称した。そのため、風魔小太郎とは誰か一人を特定するものではなく、風魔忍者の頭目のことである。そのため、何人かは不明であるが入れ替わっていることは確実である。

初代は飯母呂石念の次男の小二郎であり、風魔小二郎と名乗った。なお、いつから小太郎となったかは不明である。北条五代記にその名があり

丈七尺二寸(約218cm)、手足の筋骨は荒々しくここかしこにむら有て、眼は逆さまに裂け、黒髭で、口は両脇へ広く裂け牙を四本外へ出している。頭は福禄寿に似て鼻が高い。声を高く出せば五十町(5・5km)に聞こえ、低く出せば、しわがれた声でかすかである

と記されている。なお、別家の資料では風間太郎次郎となっているものもあるが、これは小太郎のことであると考えられる。

戦では放火、盗難など後方かく乱を行い、敵陣を悩ませた。川越夜戦や、武田勝頼との戦いでその記録が残っている。また、太田勢との戦いでの伝令兵を殺したりなど、戦の影の部分を支えていた。

北条氏滅亡後は風魔忍者は江戸に繰り出し、徳川治世の江戸を盗賊として荒らしまわった。これに対し徳川は懸賞金をつけて風魔狩りに尽力する。1603年、遺恨のあった甲州忍者の残党である高坂甚内(彼らも江戸で盗賊と化していた)の密告により隠れ家を暴かれ、処刑された。このときの小太郎は5代目であったといわれる。

その他情報

名前:
コメント: