※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浅井家

片桐且元

 かたぎり かつもと

レベル

 45:7体

職業

 侍

戦闘開始時セリフ

○○○○? なぜか
お主とは、これからたびたび
顔を合わせる気がするな。

合戦配置

浅井家左先

構成

名前 種類 レベル 初期付与 使用技
片桐且元 弓侍 45 蘇生・壱大音声霧散霧消連射三連射乱れ撃ち・参点破一所懸命全体看破・弐
福田寺僧兵 40 僧兵連撃全体回復・参全体完全回復
甲賀下忍 40 五連撃瞬殺閃手裏剣乱射、各遁・改
甲賀幻術師 40 万雷気合呪霧・参結界・参
竹生島雅楽隊 40 嵐撃・参詠唱の韻・極気合の韻・参神の加護・参
小谷鍛冶衆 鍛冶屋 40 陽動五連撃
近江山伏 40 蘇生・壱全体治療・参

特徴

ドロップアイテム

攻略法

遠距離攻撃が多く、戦闘時間が嫌でも長くなる為、極みが切れやすいので注意
2の蘇生にも注意
浅井家の先武将の中では田中の次に強い 盾役は1をしっかり固定しておこう

列伝

賤ヶ岳の七本槍の一人。直倫、直盛、且盛。助作、市正。東市正。片桐直政の子。1556年の生まれ。

片桐家は清和天皇から出でる清和源氏を祖とする源満政の子孫であるとされる。
最初父とともに浅井家に仕えるものの、1573年に浅井家は滅亡したため、その旧領を任された羽柴秀吉に仕えることになる。

1583年には賤ヶ岳にて戦功を上げ七本槍の一人として喧伝され、3000石を加増され、播磨国に1万石を領する。
しかし、彼の場合は九州征討や小田原征討、朝鮮出兵にも参加しているものの、これ以降加増はなく、主に秀吉側近として政務に携わることになる。
そしてまず羽柴姓、ついで豊臣姓を名乗ることを許される。羽柴姓を賜ったのは主に秀吉の信頼の厚い人物であり、且元の地位が伺える。
彼が歴史の表舞台にでるのは秀吉の死後、秀頼の博役として政務に携わるようになってからである。彼は家老として豊臣家の総務、財政を担当する。

1600年の関ヶ原の戦いで豊臣方を支持する西軍が敗北すると、家康から大和竜田に二万八千石を与えらる。このころから秀頼、家康の二重の主君の間を取り持つようになる。豊臣家では家老として、幕府では奉行人として差配にあたる。
彼は秀頼をよく補佐し、豊臣徳川両者の関係を必死に保とうとした。豊臣家が1615年まで存続できたのは、失地回復を考え交戦論を持っていた大野治長や淀殿を抑えていた彼の働きが非常に大きい。

彼は両家の更なる友好と継続のため、方広寺の再興に携わる。しかしこの方広寺の鐘銘が大坂の陣へと発展してしまう。
且元は弁明のために和平交渉に奔走する。しかしこれは且元を筆頭とする、臣従してでも存続を図ろうとする和平派と、大野治長や淀殿が押す、臣従を拒否して交戦する交戦派との対立を引き起こす。結局彼は家康方への内通を疑われ、大坂退城をすることになる。
これは彼の使命の終わりを意味していた。大坂の陣では家康側に味方し、1615年に大坂城が落城した後、加増され4万石を得る。しかし、その20日後に彼は死亡する。
死因は病死とされているものの、切腹説も強い。当時切腹は幕府に対する批判であり、発覚すれば問題となるため、家としては絶対に隠さなければならないことだったためである。

彼はまさに豊臣家の存続を天命として生き続けた人物であった。豊臣の存続を望む考えは同じであっても、その方向性の違う和平派と交戦派との軋轢によって天命を失った悲運の人生であった。

情報募集中

名前:
コメント: