137


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

137 :名無しさん:2009/12/07(月) 00:00:42 ID:v9nqG.o6
幸村「お館様ああああ!!ハッ!こ、ここは!?」
サーシェス「よぉ、気付いたかい?」
幸村「!何奴であるか!?」
サーシェス「まぁそう暑くなるなよ・・・俺の名はサーシェス。そしてここは死者が安らぐ場所。ここはその控え室だ」
幸村「な!?どういうことでござる?!」
サーシェス「わかんねーのか?つまりお前は死んだんだよ」
幸村「!!!!」
サーシェス「この扉の先が死者の楽園だ。ほらとっとと行きな」
幸村「そ、そんな某はお館様と・・・」
小十郎「真田幸村!!」
幸村「こ、小十郎殿!?」
小十郎「甲斐の虎はお前が死んぢまったら揺らぐような男なのか!?違うだろ!!男なら覚悟を決めろ!!現実から目を背けるんじゃねぇ!!」
幸村「・・・そうでござるな・・・某ごときが死んだところで揺らぐお館様ではない!!今参りますぞ!小十郎殿!!」
キィィィィ、バタン
サーシェス「ふぅ、疲れた疲れた。・・・しかしなんでこんなことやってんだ?俺まだ住人じゃないのによぉ・・・はぁ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。