3:692


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

692 :名無しさんなんだじぇ:2010/09/07(火) 22:58:06 ID:LIoozjqw
ムギ「ホンダム、大丈夫?」
ホンダム「(生きてはいる。が、今は動けん)」
ムギ「そう……」
ホンダム「(相棒は?)」
ムギ「治療中よ。それが終わり次第貴方の修理を頼むわ」
ホンダム「(わかった)」
ムギ「……ホンダム」
ホンダム「(何だ?)」
ムギ「ごめんなさい、今回は貴方の正義感に甘えた無茶な作戦を取って……」
ホンダム「(こうするしか方法がなかったのだろう。ならばそれを恥じることはない)」
ムギ「でも……」
ホンダム「(おーなー殿は我々の主君なのだから胸を張っていて欲しい)」
ムギ「わかったわ、ありがとうホンダム。貴方、いえ貴方たちの意志、無駄にはしないわ」

真宵「楽になりましたかー?」
刹那「ああ、だいぶ楽になった」
真宵「クーニャさんがやってるのを見よう見まねだったんですが、上手くいったみたいですね」
ひたぎ「ガンダムバカさんでしたっけ?私が仮リーダーになっていたのにどうして戻ってきたの?」
真宵「ホチキス、それは……」
刹那「そうだな、やはり自分の中でこのチームの居心地がよかったのだろう。少し離れてそれがわかった」
ひたぎ「そう、まあ別にいいわ。私よりも貴方のほうがリーダーにふさわしそうだし」
刹那「そうか」
真宵「改めてお帰りなさい、ガンダムバカ」
刹那「ああ、ただいま」

【ガンダムバカ 特攻野郎に復帰確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。