3:184~186


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

184 :仮面アステカー 第一話【喪失】 前編:2010/06/24(木) 17:42:25 ID:9IWsuLRk
~~控室前~~



池田華菜「う……ん、やっと動けるようになったし。 まったく、美琴は見境無さすぎだし。 ……あれ? ここに放り出されてたキャプテンの制服は? ポケットに入れといた護符も……はっ、まさか!!」



~~控室の外れ・某所~~



海原光貴「……う……僕は、一体……」


?????「あら、お目覚め?」


海原光貴「!? あ、貴女は……」


?????「船井さんったら、余計な事をしてくれたわ。 まさか、海原君を元に戻しちゃうなんてね。 まあ、しっかり落し前は付けさせて貰ったけどね」


海原光貴「船井さんを……どうしたんです?」


?????「さあ? 今頃控室上空に漂ってるんじゃない? 派手に吹っ飛ばしたから」


海原光貴「僕を……どうするつもりなんですか? ……竹井さん!」


竹井久「決まってるじゃない。 もう一回、美穂子になって貰うわ」


海原光貴「無駄です。 外見だけ変えても、僕は福路さんには……」


竹井久「なら、中身も変えれば問題無いんじゃない? ねえ、玄霧先生?」


玄霧皐月「ええ、おっしゃる通りです」


海原光貴「!? 玄霧先生……何故、貴方まで……それに、後ろの黒服達は……」



遠藤勇次「ククク‥‥この教師は既に洗脳済み‥‥これが、金の魔力っ‥‥!!」


海原光貴「遠藤……貴方、居たんですね」


遠藤勇次「何だそのリアクションは!? ここは真の黒幕の登場で盛り上がる所だろう!?」


海原光貴「いや、姿が見えないからバーサーカーに消化されてトイレにでも流されたかと。 はあ……どーせ竹井さんを唆したのも貴方でしょう? 小物が大それた事を考えてないで、さっさと解放して下さい」


遠藤勇次「い、言わせておけばっ‥‥者共、さっさと手術に掛かれ! 体内に護符を移植して、二度と戻れんようにしてやれ!」


黒服『イーッ!!』


海原光貴「え、あ、ちょっと冗談は……って、ノコギリとトンカチとヤットコで手術って、ぎゃあああああああああああっ、止めろージ〇ッカァーーー!!ぶっ飛ばすぞぉぉぉう!!!」



後編に続く!



185 :仮面アステカー 第一話【喪失】 後編:2010/06/24(木) 18:05:32 ID:9IWsuLRk
――ガシャアアアアアン!!



御坂美琴「海原君、無事!? 助けに来たわよ!!」


美穂エツァリ「御坂さん!? 何故此処に!?」


池田華菜「あちゃー、手遅れだし……だから、着替え探すより先に助けに来ようって言ったし!」


美穂エツァリ「池田さんまで!?」


御坂美琴「池田さんから事情は聞いたわ! さあ、さっさと脱出するわよ!」


竹井久「行かせると思う?」


御坂美琴「竹井さん!? ちっ、厄介ね……」


美穂エツァリ「御坂さんはやらせません! <トラウィスカルパンテクウトリの槍>!!」


――ガシャアアアアアン!!


遠藤勇次「て、天井が!?」


池田華菜「今だし! 行けっ、ミサチュウ!! <100まんボルト>だし!!」


御坂美琴「って、誰がポケ〇ンよ!? とりあえず……電撃の槍!!」


――ズガァァァァァァン!!


遠藤勇次「まずい、手術室が崩れる!! 引き上げだ!!」


玄霧皐月「了解しまし『ゴン!!』……」(バタ)


竹井久「玄霧先生が倒れちゃったか……確かに引き上げ時ね。 けど、私は諦めないわよ」


御坂美琴「た、竹井さぁぁぁん!!」



~~その後、たまり場・某所~~



池田華菜「エツァリ……これからどうするし?」


美穂エツァリ「……その名はもう捨てました。 海原光貴を名乗る事も、もう無いでしょう。 本当の自分を取り戻す、その時まで……」


御坂美琴「海原君……」


美穂エツァリ「今から、僕は仮面を纏いし復讐のアステカ人……そう……」



「僕の名は……仮面アステカーだ……」



第一話【喪失】……完



186 :名無しさんなんだじぇ:2010/06/24(木) 18:13:53 ID:9IWsuLRk
アステカー「……って、何ですかこの展開は!? 名前までアステカーになってるし!!」
池田ァ「その場のノリは恐ろしいし!」
アステカー「ノリで改造されたらたまりませんよ、もう……護符が何処に埋まってるか解らないから、変身を解く事も出来ないし……」


【仮面アステカー 誕生確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。