57


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

57 :名無しさん:2009/11/11(水) 00:16:18 ID:cy9ciQWo
男A「…また会ってしまいましたね」
安藤「……俺は……クズ、の呼称からは…逃れられないんですかね」
男A「…そんなことはありません。あの少女は冷酷なことを考えていたようですが…それが真実、ではないのです」
安藤「……」
男A「安藤くん、きみはよくやってくれました。夢半ば、ではありましたが…きみは夢を途中で捨てなかった。それは、誇れることです」
安藤「……でも、俺は……何も伝えられなかった……その上…危険な子をグループに誘導してしまったかもしれない…」
男A「…責任を感じているのなら…きみはやはりクズなどではありません。…彼らがここに来ないことを、祈りましょう」
安藤「…はい…」


透華「…不謹慎ですが、続々と人が来て麻雀どころではありませんわね」
池田「控え室もなんかできてるし!」
部長「…落ち着くのを、待ちましょうか」



キャラ変わりしてる気がしないでもない
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。