2:111


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

111 :名無しせずにはいられないな:2010/04/11(日) 03:24:31 ID:9oaAV/M6
真宵「したぎさんは迷いがありませんね」
神原「ああ、それでこその戦場ヶ原先輩だ…」
真宵「でも今のららら木さんって、くじのさんとの間にフラグを…」
神原「私はそれが不安でならない。もし今の二人が出会ったら最悪…」
真宵「血みどろ惨劇でしょうね」
撫子「神原さんに真宵ちゃん、なんで暦お兄ちゃんと戦場ヶ原さんが会ったら血みどろの惨劇になるの?」
神原「千石ちゃん、聞いていたのか…」
撫子「え、途中からだけど…」
真宵「そうです、小麦さんからお茶に誘われていたのでした。天国さん、一緒に行きましょう。一人や二人増えたところでどうとでもなるでしょう」
撫子「う、うん。わかったけど、さっきのはな…」
真宵「さあ行きましょう」
撫子「真宵ちゃん、引っ張らないでよ~」
神原(いつまで隠し通せるかな…)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。