2:75~78


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

75 :名無しせずにはいられないな:2010/03/30(火) 01:36:17 ID:Q9oOkcBQ
64
バスン!
律「!誰だ?!」
ムギ「あれを躱すとは流石りっちゃんね…」
律「ムギ?!隠密してのスナイプとは流石の陰険さじゃないの」
ムギ「よもや卑怯とは言うまいねってやつよ、りっちゃん」
律「チャカでライフルに勝てると思ってるのかよ、ムギ!」
ムギ「戦いとは兵器で決まるものではないわ、りっちゃん!」


部長「これで一対一。正々堂々と勝負をつけましょう、刹那」
刹那「望むところだ。竹井久」
   (しかしまずいな。竹井の瞬獄殺やギャラティッカファントムは決まれば必殺の技。
    こちらにはそれを避ける手段は限られている…)


遠藤「ぐえっあがっひぐっ」
とーか「オラオラですわ!」
会長「ふぉふぉふぉ。焼きごての味はどうじゃ?」
利根川「ふふふ‥‥金属バットでフルスイングするのは久しぶりだ‥‥」
遠藤「け、決闘やるのはいいが、こっちも少しは構って‥‥うぐっ!」


【遠藤、無限ミンチ続行中】



76 :名無しせずにはいられないな:2010/03/30(火) 02:10:11 ID:WB5WsGSU
ムギ「ふふっ、そのスナイパーライフルじゃ連射は効かないわよね」
パンパン
律「くっ、さすがにこっちのウィークポイントを見破ってくるか、だけど…」
パンパンパンパン
律「なっ…」
ムギ「真豆鉄砲に持ちかえる隙を私が与えると思う?」
律「だよなあ…そんなに甘くはないか、ムギは」


光秀「さすがはオーナー様です。己の才覚を磨き、もはやその腕前は帰蝶(濃姫のこと)と比肩するほど。律殿も律殿でお強くなられた。ああっ、たまりません!」
唯「ねえ、あずにゃん…あの二人って本当にりっちゃんとムギちゃんなのかな?」
あずにゃん「わかりません」



77 :名無しせずにはいられないな:2010/03/31(水) 00:45:20 ID:Js.ZAczM
ビシッ
律「ぐっ…」
紬「手応えあったわ。左肩に傷を負ったでしょう?」
律「くそ…」
紬「りっちゃん、私、これ以上りっちゃんを傷付けたくないの。大人しく降伏して」
律(久さんに助っ人を頼まれた以上、期待を裏切る訳にはいかない!…こうなったら…)
律「痛っ…血が出てら…。こりゃキャスターさんに舐めてもらわなきゃな」
紬「!?」ブハッ
律「隙あり!」ガシャ
紬「しまっ…」
律「うりゃああああああぁ!!!」ズガガガ
紬「きゃあああああ!!」ドドドド
律「安心しろ。武器を破壊しただけだ。傷付けるつもりはない。今のところは、な」
紬「…まんまとやられたわ…。わかった、降参よ…」
ホンダム(オーナーが…負けた…!?)
律「よし。急いで久さんに加勢しなきゃ…」
キャスター「りっちゃん…。私、りっちゃんから誘ってくれるなんて、夢にも思ってなかったわ…」
律「…嫌な予感が…」
キャスター「隅々まで丁寧に舐め尽くしてあげるから!」
律「ち、ちょっと待って!あれはムギをはめるためアッー」



梓「決着ついたみたいですね」
唯「あの二人、どこまで行くんだろうね」



78 :名無しせずにはいられないな:2010/03/31(水) 10:53:15 ID:KVFJjYFc
部長「くっ、手数だけは多いわね!」
刹那「一撃必殺と言うならば!技を小出しにさせて、必殺の一撃を引き出さなければいいだけのこと!」
部長「ならば!」


ぐるん


刹那「MA・WA・SH・U・KE!?あの伝説の究極ガードをしてみせたと言うのか、竹井久!?」
部長「隙だらけよ、刹那!」ブワッ
刹那(くっ、ここまでか?!すまん、ライル・ディランディ…アレルヤ・ハプティズム…ティエリア・アーデ!
    俺は…俺はガンダムに、なれなかった!)


キャスター「ほおおおぉぉぉおおおら、りっちゃあああぁぁぁあああん!!三箇所同時攻撃よぉぉぉ!!」
にゅるん!にゅるるるるるん!
律「や、やぁ?!キャスターさん、だめぇぇぇぇ!」


部長「…」
刹那「…」
部長「…あれって歪みじゃないのかしら?」
刹那「いや、民事不介入だ」
部長「そ、そう…」
刹那「白けてしまったな。決着はまた今度と言うことにしよう」
部長「そうね…」


【有耶無耶にして終わる】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。