2:69~72


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

69 :名無しせずにはいられないな:2010/03/27(土) 22:11:15 ID:TCS.T5KI
船井「……なんや、この手紙、死者スレ的あとがたり?」
安藤「あぁ、なんか最近避難所のあとがたりに合わせて進行してるみたいですね」
船井「ほー、内容は…」



周りに便乗して自分も参加させて頂きます
自分はブラッディバレンタインのあとがたりをさせてもらいます
そもこのタイトルがつくことになったSSを書いたのが自分です
本当は光秀がセイバーを挑発した結果、エクスカリバーを安藤が喰らい光秀が例の台詞を言って戦場に向かうというのが当初の案でした
ですが安藤が光秀と話をする仲に思えないのでキャストを変更し
一応同じチームである船井に白羽の矢が立ちました
最終的にはエクスカリバーがやさしいと感じられる程の目に逢っていくのですが
一応騒動のはじまりのSSとしては良かったようなので安心しています
また何かあとがたり思いついたら書かせてもらいます


P.S.
wikiのを読み直してみたら、船井の台詞が安藤の台詞になってました
もし直せたら直しといて下さい。



船井「………」
安藤「懐かしいですねバレンタイン、あの頃は船井さん凄かったなぁ」
船井「………」
安藤「しかしもしかしたらエクスカリバーを喰らったのは俺だったかもしれないだなんて…」
船井「なぁ」
安藤「はい?」
船井「この怒り誰にぶつけるべきやと思う?」
安藤「それはやっぱこの手紙書いた人じゃないですかね?」



70 :名無しせずにはいられないな:2010/03/27(土) 23:25:04 ID:vv9WBCX.
船井「あ~ムカムカすr」グサッ
安藤「あ、矢文ですね」



船井に追い打ちをさせていただきます
バレンタインのふないレジェンドのきっかけを作った者でございます
男達が一喜一憂する一大イベントバレンタイン
そのイベントの中、誰か一人全く救われないキャラを作りたいなあと思ったのが事の発端でした
船井しかいませんでした
他にももらえそうにないキャラは何人かいたのですが、船井に暴れさせると面白そうだなと
彼ならめちゃくちゃに足掻き続けてくれるだろうなと
もう完全に適役でしたね


そして黒桐みたいな何気にもらえそうなキャラにさらっときついことを言ってもらって、船井のバレンタインは幕を開けました
その後はもうあれよあれよと他の書き手様方が話を展開させて下さりました
正直、他の男集がチョコをもらう中、足掻き続けた船井はどん引きされてはぶられる、ぐらいのオチを予想していたのですが…
まさかここまで素晴らしい伝説を築き上げることになるとはww
69さんのブラッディバレンタインや、ライブ乱入、まさかの結末など、皆さんのアイデアのおかげでこの事件はとても深いものとなりました
いやはや、本当にありがとうございましたw



安藤「ですって…w」
船井「…わろたやろ…今わろたやろお前…。いつかぶっ殺したるからな…」
安藤「残念、もう死んでます。それより早く治療した方が良いですよー」



71 :死者スレ的あとがたり~激闘!バレンタイン編~:2010/03/28(日) 00:22:30 ID:bxzPeY2g
船井「ちく…」グサ
安藤「おや、また矢文ですね」


『バレンタインネタに花が咲いているようなので私もひとつ。
 バレンタインネタの中でまずひとつやりたいなあと思っていたのが、御坂美琴withν放課後ティータイムのバレンタインライブ。で、私の中でラジオ書き手氏の邪魔をしたらいかんかなと思い、神原のラジオ終了後にネタを振ろうかなと。しかし待てども待てどもラジオが来ない。んで、気付いたらバレンタイン当日にラジオをする流れに。それで慌ててネタ振りをw
 実はネタを振った当初は若干不安な部分があったのですよ。昨年末に年越しライブネタを振ったときには書き手がおらず、自分でネタを回収するという悲しいことをしたのでwただ今回はきちんと他の書き手氏の手でイベントとして昇華してもらたので嬉しかったです。ちなみに私はライブ演奏風景も書いたのですが、あの関西人しかわからんネタを初見でわかった人間が何人いるかw
 そして、これは私個人で船井を動かした話。まず準備段階で安藤と利根川のチョコを確保。あずにゃんの性格的に憂が迷惑をかけた安藤にチョコを渡してもおかしくないかなと。真宵は死者スレ到着後、利根川との絡みが多かったためありかなと。そして船井はなでこスネイクの件でオーナーさんの不信をかったためチョコなしと。もしかしたらなでこスネイクの件での船井の背信行為がなければここまでの伝説は生まれなかったのかも…
前日にチョコレートドレスの防犯装置で船井をフルボッコにしたのはキャラ視点からはキャスターならそれくらいやりかねんということ、メタ視点からはやべえ、ややこしくなりそうwという気持ちからチョコレートドレスをウゾウゾとw
 んで、当日はアチャ、セイバーの掛け合いなど細かいネタを書きつつ全体の様子を見。すると船井のライブ乱入が勃発。そしてキャスターによる粛正寸前に。そこでふと私の中に「またムギに毒殺してもらおうじゃないかw」という悪い考えが。そしてその一度喜びにひたらせてからどん底に叩き落とそうという考えから誕生したのが青酸カリ混入チョコレートで、断末魔も本編の船井と断末魔と合わせましたw
 よく考えれば私、船井へのムギの粛正ネタを三回(なでこスネイクの後始末、毒入りチョコ、大浴場爆破)も書いてるなあ…
   一介の死者スレ書き手』


安藤「ですってw」
船井「おま…」
安藤「いやあ、悲惨っすねw」
船井「…なあ」
安藤「何すか?」
船井「わいは誰を恨めばええか?」
安藤「世界じゃないすか」



72 :名無しせずにはいられないな:2010/03/28(日) 00:40:59 ID:d4eQOIKM
船井「こんな世界、壊れてまえばええんY(グサッ」
安藤「あ、三本目」



船井関連で追い討ちをかけられてるようなので、自分も一つ
実は、最初に船井がとーか、ビリビリ、キャス子の三人にハブられるネタを書いたのは自分です(ムギが律たちと再会するくだりで、「あれ……船井は?」とツッコミを入れられたので、その流れに乗りました)
その直後、自らネタ回収したのですが、よりにもよって船井の台詞に安藤の名前を入れる凡ミス……あの時は肝を冷やしました
自分としては、船井に救いを差し延べたくなかったのでこんな話を書いたのですが、まさかここまで酷い扱いになろうとは……ざまぁwって感じですwww
それでは、スレ住人の皆様のご健勝と船井の不幸wを祈りつつ、これにて失礼します


―――ラジオ書き手


P.S バレンタインライブの際、書き手の皆様に迷惑を掛けてしまった事をお詫び致します


安藤「成る程、船井さんの不幸は此処に来た時に決まってたみたいですねw」
船井「……こんな世界……壊れてまえばええんや……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。