892~894、896


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

892 :名無しせずにはいられないな:2010/03/03(水) 00:47:40 ID:ROwBzWqs
アチャ「………」
船井「何や兄ちゃん。そんなにあの女子高校生が気になるんかいな」
アチャ「何を馬鹿な。ただ私の投影魔術を使えばあの問題は一気に解決するだろうと……」
船井「強がらんでもええて。ワイのイチオシはあのカチューシャの子やな。ああいうタイプは惚れさせると化けるで」
アチャ「だから違うと言っているだろう。私にそんな趣味はない」
船井「次点はあのピンク色やな。将来が楽しみやないか、ええ?」
アチャ「ええい私を巻き込むな! 貴様の同類だと思われるだろうがっ!」



893 :名無しせずにはいられないな:2010/03/03(水) 01:05:23 ID:LjlK6e5M
ザクッ
船井「か、は…」
バタッ
アーチャー「これは現世で折れた雷切か、見事に刺さっているな。いやらしいことを考えるからだ。しかし政庁の瓦礫の量は凄まじいな。また掃除をしなければならないか」


【船井 天罰確認】
※船井の脳天に、雷切が刺さっています



894 :名無しせずにはいられないな:2010/03/03(水) 01:06:49 ID:IeQjKFiA
黒桐「もしかして、律ちゃんが唯一船井さんにチョコを作ってくれていたから、微妙に惚れちゃったんですか?」
船井「なっ!ち、違うわ!ワイはあくまで好みのタイプとして…」
黒桐「律ちゃんからすれば、あの一件で船井さんに対する評価はがた落ちなんじゃないですか?」
船井「ぐふぉっ!」
安藤「まだばれてないですけど、例の看板の件もありますし」
船井「なっ!お前見とったんかい!」
黒桐「それに、キャスターさんが黙ってないでしょうね。近付いただけでまたアーニャちゃんにお世話になるはめになると思います」
船井「……なぁ、お前さんワイ相手だとやけに酷くないか?」


896 :名無しせずにはいられないな:2010/03/03(水) 01:08:53 ID:.O.2hGjo
黒桐「そりゃ脳天から刀身を生やした人からは距離を置きたくなりますよ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。