814~817、822


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

814 :名無しせずにはいられないな:2010/02/24(水) 03:22:07 ID:rE4sAFhs
~~安土城、セイバー対策本部~~
とーか「紬さん、気は進みませんがまた手を結び、共同戦線を展開しましょう」
オーナー「わかりました、今回はバレンタインのときより暴走の度合いが大きいですからね。ゴースト、何か策はないですか?」
ゴースト「ないです。今回のレイバーさんに前使ったシャフトの切り札作戦が通用するとは思えませんし、上空で瓦礫を抑えるのに人手が取られているため人手不足です」
オーナー「そんな…」
とーか「くっ、セイバーさんは今どうなっていますの!?」
小萌「現在アーチャーさん、光秀さん、小十郎さんの三人がかりで抑えていますがいつ突破されてもおかしくありませぇん!」
とーか「瓦礫の方は!?」
部長「刹那くんに本多さん、真田さんにヴァンさんinダンらが抑えてこんでるわ。小川マンションの瓦礫はまだ控え室みたいね」
オーナー「キャスターさん、結界の修復は?」
キャスター「できるけど張り直したとしてもまたエクスカリバーで真っ二つがオチね。少なくともセイバーを沈静化しないことには話にならないわ」
とーか「そんな…」
オーナー「どうしたら…」


【どうあがいても絶望】



815 :名無しせずにはいられないな:2010/02/24(水) 09:41:02 ID:mBlBvjtg
オーナー「とにかく、今は僅かな可能性にでも賭けてみるしか無いでしょう。 黒桐さんは金ダライの用意をお願いします」
黒桐「了解です」
オーナー「透華さんは、オルタ化したセイバーさんを食い止めている三人との連絡をお願いします。 私は上空で瓦礫を抑えている三人に連絡を取ります」
とーか「了解ですわ」
オーナー「さて……カイジさん、セイバーさんの進路予想はどうなっていますか?」
カイジ「さっきから相変わらずだ。 真っ直ぐ控室入口を目指してやがる」
部長「まずいわね……あの位置から控室に直進するとなると、この安土城に突っ込んでくるわよ」
池田ァ「それ、まずいんじゃないの!? 撫子や梓だけでも控室に避難させないと……」
かじゅ「セイバーの目的地は控室だ。 控室も安全とは言えない」
とーか「どうやら、上空もそろそろ限界が近付いているようですわ」
オーナー「地上の皆さんも、状況は同じようです。 こうなったら、瓦礫の投下を前倒しするしか無いようですね」
部長「投下を前倒しって……刹那君達が抑えてる瓦礫をセイバーさんに落とすってあれ?」
オーナー「ええ。 元々小川マンションの瓦礫が落下する前に瓦礫を撤去する予定でしたから、この際一気に片付けてしまいましょう」
ゴースト「ただし、最初はガンダムバカとホンダムの瓦礫を、時間を置いてヴァカさんがナン・オブ・チューズディで抑えている瓦礫を落下させる事にしましょう。
     要は、落下する瓦礫の量が問題なのですから、時間差で少しずつ落下させれば少しは対処も楽になるでしょう」
ビリビリ「ま、セイバーさんが討ち漏らしてもあたしがいるしね」
ゴースト「問題は、レイバーさんの頭上に瓦礫を落とした場合、レイバーさんを食い止めているお三方も巻き込まれるという事ですが、まあそれはあっちゃーさんの固有結界で避難して貰えばOKでしょう」
とーか「……どうやら、そのプランが一番成功率が高そうですわね」
オーナー「それでは、号令は透華さんにお願いしましょうか」
とーか「了解ですわ。 それでは、対「怒りの日」作戦、コード名「メテオストライク」発動ですわ!!」


【作戦開始】



816 :名無しせずにはいられないな:2010/02/24(水) 10:23:06 ID:AYBuQgK.
撫子「どうしよう…セイバーさん、どんどんこっちに来てる…」
あずにゃん「控室に篭ってようと思ったのに、まさかそこに来るなんて…」
ドオオオン!!
撫子・あずにゃん「きゃああああ!」
あずにゃん「あ、危な…エクスカリバーの流れ弾が――」
撫子「!あっ…!」
あずにゃん「!!」
(嘘…上から瓦礫が…!)


律「うおりゃあああああ!!」
ドガガガガ
撫子「…瓦礫が、バラバラに…」
律「ま、間に合った…。大丈夫か?二人共」
あずにゃん「あ、ありがとうございます!律先輩!」
律「いいって。それより、これから新しい作戦が始まる。瓦礫が降ってくるから、急いで城に戻ろう。護衛してやるから」ガシャリ
あずにゃん(ムギ先輩に続いて、律先輩まで新たな道を走ってるような…)




アーニャ「できた…」
小十郎「おぉ…だいぶ楽になったぜ。ありがてぇ!」ダッ
マリアンヌ「なるほど、救護ね。そういう道もあったわ」
アーニャ「ジョージを復活させなきゃ…」
アーニャ(今の私…輝いてる…!)



817 :名無しせずにはいられないな:2010/02/24(水) 11:27:26 ID:m2ghiHVM
光秀「頑張りますねぇ、片倉殿」
小十郎「(胸を抑えながら)政宗様と、福路殿が今の俺にはついているからな!無様な姿は晒せねぇ!」
アーチャー「大切な人の写真か。なら、勝つしかないな、この戦い」
小十郎「応!」
セイバー「シロオオオオオオオオオオオォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」


部長「片倉さんの予想以上の奮闘もあって均衡はまだ破られてないわね」
池田「写真っていつの間に貰ったんだろ?」
ディートハルト「実は先日、薬局でお宝写真の撮影に成功しましてね」
トレーズ「ほほぅ、ドアを蹴破る福路君を正面やや斜め下から撮るとは、なかなかエレガントな構図だな」
池田「蹴破るって、キャプテン今超ミニスカだし!」
ディート「しかも文化の違いから彼女は穿いていない!これがなにを意味するか、分かるかね?」
部長「…」


  瞬  獄  殺


とーか「さすが主催側の人間。すんでのところを瞬間移動で逃げおおせましたわ…」
かじゅ「あれがかわされるとはな…主催恐るべしだ」


822 :名無しせずにはいられないな:2010/02/24(水) 16:01:28 ID:GpHXFTis
玄霧(私に言ってくれればすぐにでも解決してあげられるんですけどねぇ。頼まれていない以上は何もしませんけど)
男A「おや、どうされました? ずいぶん遠い目をされていたようですが」
玄霧「いえいえ、なんでもありません。さて、私たちも早く避難しましょうか」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。