665


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

665 :名無しせずにはいられないな:2010/02/14(日) 20:19:03 ID:DLX7ffI6
オーナー「キャスターさん下がってください」
あずにゃん「ムギ先輩からまがまがしいオーラが…」
船井「ひいっ!」
キャスター「あらムギちゃんいいの?」
オーナー「はい、彼はまがいなりにも私の下で働いているので。部下の教育をするのも上に立つ人間の役目でしょう」
キャスター「ふふっ、わかったわムギちゃん」
オーナー「ありがとうございます。ではふなちゃん…」
船井「堪忍や、堪忍や」ガクガクブルブル
オーナー「はい、これをどうぞ」
船井「へっ、これはチョコか?」
オーナー「はい、私は部下には慈悲深いほうなので」
船井「おおきに、おおきにな!ほな!」
ピュー
律「よかったのか、ムギ?」
ムギ「はい、あれはもしものときのために作っておいた特別仕様のチョコですから」
美琴「特別仕様って?」
ムギ「少し甘めに仕上げただけですよ。この…」
ごそごそ
ムギ「シュガースティックを使って」
律「ムギ、お前そのシュガースティックって…」

美琴「ま、まあいいんじゃない。さあ始めよ、皆待ってるわ」
プリシラ「よ、よーし、やっちゃうか」
美琴「さてと、みんなー、遅れちゃったけど飛ばしていくわよーっ!」
観客「おおおおーっ!」


【御坂美琴withν放課後ティータイム バレンタインデーライブ改めて開始】


~~~~
船井「ちくしょおおおおおおおおお!」


【船井 本編と同じ断末魔確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。