642、643、647


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

642 :名無しせずにはいられないな:2010/02/13(土) 19:35:40 ID:M0PbEUEs
~~~控室~~~


アーチャー「此処は……」
とーか「ようこそ、英霊エミヤさん。 此処は死者たちのたまり場、その玄関口ですわ」
アーチャー「ふむ、よく分からぬが……どうやら、俺という一個人は「座」から切り離されたようだな」
とーか「どうやらそのようですわね。 取りあえず、貴方の死が確定した訳ではありませんので、暫くの間は此処で待機して頂けませんでしょうか?」
アーチャー「承知した。 尤も、私には最早現世への未練は無いがな」


【アーチャー 控室入り】



643 :名無しせずにはいられないな:2010/02/13(土) 19:47:08 ID:22NiP39I



ドオオオオオオォォォォォォン!!





律「な、何!?」
かじゅ「雷でも落ちたかのような……」
あずにゃん「控室からみたいです」
美琴「わ、わたしじゃないわよっ!」
プリシラ「とにかく行ってみよ!」



~控室~



むぎ「あれ、開かない?」
かじゅ「衝撃で建てつけがおかしくなったのか?」
美琴「ちょっと代わって」


ガチャガチャガチャ


美琴「ああもう、なんなのよーーー!!!」





バコォォォォォォォォォォォン!!


律「ドアごとぶっ飛ばしたーーーっ!」
プリシラ「……なにこれ?アキカン?」
かじゅ「って透華!しっかりしろ!」
アーチャー「やれやれ、こんな乱暴な召喚ははじめ……いや二度目だな。またとんでもないところへ招かれたものだ」
美琴「あ……」



【ビルにスチール缶、遅れて飛来。アーチャーと美琴、再開】



647 :名無しせずにはいられないな:2010/02/13(土) 22:21:32 ID:XJGQu346
~~控え室~~
かじゅ「透華、お前大丈夫か…」
とーか「こんな状態でも何とか生きてますわ…死んでますけど」
律「下半身が完全にビルに挟まってる」
美琴「これは下手に壊すと瓦礫でさらなる悲劇を起こしそうね」
アーチャー「これはさすがに対処しきれん…」
とーか「不様ですわね、バレンタインの前日に…ふふっ、目がかすんできましたわ」
あずにゃん「それはダメですーっ!」
プリシラ「気を確かに持ってー!」
ムギ「すぐにホンダムさんを呼びますから!」
律「でもこんな仕事は普段池田の守備範囲のような…」


【とーか ビルの下敷確認】


池田「へっくし!」
小萌「おや風邪ですか?」
池田「いや、何か変な噂をされた気がするし」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。